プロフィール

株式会社コミクス 代表取締役兼CEO 鈴木章裕

2007年9月末にアイブリッジ グループの代表という 立場を捨てて0から新会社(コミクス)を立ち上げました。

▼株式会社コミクス http://www.comix.co.jp/

コミクスのビジョンとミッションは以下の通りです。

vision
インターネットを中心に、4マス媒体を活用することで、企業のブランド価値向上と販売促進を実現する、世界で唯一のクロスメディアエージェンシとなる。

Mission1
AD、PR、IT、ネットプロモーションナレッジ、タレントキャスティングによって、企業に対するコミュニケーション革命を推進する。

Mission2
一般人から著名人までが参加する国内No.1のCGMを創出し、人々の智恵・知識・楽しみを共有できる仕組みを作る。

3児のパパでもあります。

東京と大阪を往復する生活を始めて7年が過ぎました。
私の紹介や諸々の日々の思いを
ブログで記載しよう!
と思ってます。
皆様、今後とも宜しくお願いします。

カテゴリー

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

会社/サービス紹介

2017年の抱負について

カテゴリー:ビジョナリービジョナリービジョナリー

新年あけましておめでとうございます。


今年はサービスを
楽しむ側ではなく


みんなワクワクさせられる
サービスを諸々
提供する側になろう、


と思います。


仕事面では


3社目の新会社である
株式会社シンギュラリティを
成長軌道に乗せること


BtoC向けの素晴らしい
サービスを立ち上げつつ、
BtoB領域とBtoC領域で
日本と世界に貢献できる
サービスを追求できる
体制を創ること


です。


個人としては


野辺山ウルトラマラソン100㎞
サロマ湖ウルトラマラソン100㎞


の完走を目標に設定したいです。


今年は去年以上にアグレッシブに

攻めるつもりです(^ ^)


皆さま今年もご支援ご鞭撻の程、
よろしくお願いします。

投稿者:鈴木 : 2017年1月 3日 12:56 :  トラックバック

今期の総括と来期の展望について

カテゴリー:ビジョナリービジョナリー

弊社グループは8月決算なので、

先程、株式会社コミクス第9期と

株式会社GeeeN第3期を 無事終了する事ができました。


速報値ですが、


コミクスの年商は5億4,000万円(前年対比24%増)

GeeeNの年商は1億3,000万円(前年対比70%増)


の着地となりそうです。


率直な想いとしては諸々課題や不満は沢山ありますが


 近くの大切な人に対して、思いやりのマインドセットが高い

素晴らしいスタッフに恵まれている事実に対し、


 心から感謝しております。


今朝の朝礼の際の2016卒メンバー2名の

所信表明を聞いて、

心から


「私が大好きな社員のみんなを


 もっともっと高い次元で成長を


 実感できるように育成し、彼らの


 喜ぶ顔が見たい!彼らの笑顔が


 私のやる気のバロメーターである!」


と再認識しました。


来期は9月16日に3社目となる新会社を設立します。


各社に事業責任者を置き、私はオーナー経営者として


 事業責任者が描いたP/Lの実現の為に、彼らに寄り添い、


 彼らを後方支援する事に徹する覚悟です。

その結果としてグループ全体で


 今期の2倍成長(前期比100%増)を目指します。


私が大好きな方々(社員の皆さんや自分の家族)10年後の未来の


 暮らしと生活を盤石なものにするために、決して妥協する事なく


 グループ3社の経営に邁進する所存です。


 皆さま、今後共ご指導、ご鞭撻の程、よろしくお願いします。

投稿者:鈴木 : 2016年8月31日 12:15 :  トラックバック

【感謝】2015年の総括

カテゴリー:ビジョナリー

 2015年も残り数日となりました。


個人的には、家族に諸々予期せぬ不幸があり


「健康であることの重要性」


を痛感した1年でした。


5年前から始めているマラソンは以下の大会に参加しました。


※14レースに参加し、12レースに完走!2レースは途中リタイア(>_<)


・2015年1月11日 第41回 武庫川新春ロードレース 3km 親子マラソン 完走

・2015年2月15日 第2回 42.195km海と緑のランニング 完走

・2015年3月21日 第5回 淀川国際ハーフマラソン 完走

・2015年3月29日 OSAKA淀川ウルトラマラソン2015 70km 完走

・2015年4月19日 25thチャレンジ富士五湖ウルトラマラソ 71km 完走

・2015年5月17日 第21回星の郷八ヶ岳野辺山高原 100kmウルトラマラソン 79km地点 リタイア(足切り)

・2015年6月6日 柴又100K~東京⇔埼玉⇔茨城の道~ 55km 途中リタイア

・2015年7月11日 第50回《東日本大震災復興支援ラン》7/11皇居マラソン&リレーマラソン 完走

・2015年7月19日 s-mountainトレイルThe 4100D マウンテントレイル in 野沢温泉 65km 完走

・2015年8月2日 神戸ワイナリーでサンセットRUN!~真夏の代謝番長編~ 20km 完走

・2015年8月29日 第5回 復興の街・神戸リレーマラソン2015 42.195km 完走

・2015年9月20日 国際親善大会第15回2015歴史街道丹後 60kmウルトラマラソン 完走

・2015年10月11日 2015芦屋浜潮風ウルトラマラソン 50km 完走

・2015年12月13日 東日本大震災復興マラソン~クリスマスチャリティラン2015 大阪大会 ハーフマラソン 完走


結論から言うと、今年の私の走力では80kmが限界でした(-_-;)


100km以上のウルトラマラソンを完走するために私がやるべき事は

既に認識しておりますので、来年は今年を超えます!


ちなみに、来年は、


3月にOSAKA淀川ウルトラマラソン 100km

4月に第26回 チャレンジ富士五湖ウルトラマラソン 118km、

5月に野辺山ウルトラマラソン100km

6月に柴又~東京⇔埼玉⇔茨城の道~ 100km


の4つの100km越えのウルトラマラソンに参加するので、

上記の4つを全て完走し今年の自分を超えます(^_-)-☆


経営者として一番嬉しかった事は


「新卒3期生である2015年の3名の新卒が誰一人欠ける事無く、大活躍してくれたこと」


です。


新卒1期生、2期生、3期生が活躍し、企業文化を創ってくれている事に対し、

心から頼もしく思ってます(^_-)-☆


スタッフの皆さまへ。。。。「他人に優しく自分に厳しい心優しき社員の皆さんが、

世界で一番働きがいのある企業グループ」を一緒に創っていきましょう!


事業としては、株式会社GeeeNのEFO CUBEが導入サイト数1,300サイトを超え、

業界3位のシェアまで成長できました!

※2年以内に業界シェアNo1を目指して来年も更に突っ走ります(*^_^*)


株式会社GeeeNのDSP事業部は2015年12月1日より、事業部をプラットフォーム事業に

変更し、来年の飛躍のために、春に2つ、3つ大きな事を仕掛けていきます。

乞う、ご期待くださいませ!


株式会社コミクスの方は9期目の第1四半期の目標を達成し、第2四半期の目標も

現時点でほぼほぼクリアできているので、2016年1月~3月で第3四半期の目標を

クリアする動きとなります。

※前倒しで6か月先を見据えた活動となっている事に感謝しております。


グループ全体としての私の弊社グループの社員のみんなに対するコミットメントは

以下の通りです。


「みんなを物心両面でもっともっと幸せにしたいです。みんながワクワクしながら楽しく
アグレッシブに働ける、世界一働きがいのある企業グループ
を創りたいです。そのために事業を成長させます」

皆様、ありがとうございました!

良いお年を。。。。
投稿者:鈴木 : 2015年12月28日 19:03 :  トラックバック

決算を終えて

カテゴリー:ビジョナリービジョナリー

 弊社グループの決算月は8月です。


日頃の激務に対する感謝の意味合いで、
今日、ささやかながらスタッフの皆さんと納会を開催しました


私の脇が甘く、前年同期対比
33%マイナスからスタートした
株式会社コミクスは最終着地で
年商は前年同期対比2.8%マイナス、
なんとか黒字決算で終了しました。


2期目の株式会社GeeeNは
前年同期対比168%成長の
年商で着地し、こちらも
黒字決算となりました。


会社は経営者の器以上の成長はできない!


と痛感しております。


今期は株式会社コミクス、
株式会社GeeeNともに順調な
スタートを切れました。


中核メンバーの意識と
スキルも格段に
レベルアップしております(^_^)


今期は株式会社コミクスで
前年同期対比130%成長、


株式会社GeeeNで
前年同期対比650%成長、


を目指します。


その為にも


『選択と集中を行ない、勝てるビジョンと未来予測を経営者として愚直に分析』


し、必ず今期の経営計画の
目標値を達成させます。


そして、社員のみんなをより幸せにします。


日々感謝☆彡

投稿者:鈴木 : 2015年9月 2日 14:46 :  トラックバック

iMEDIA Brand Summit JAPAN 2014に参加して。。。。

カテゴリー:ビジョナリー

 2014年5月19日~5月21日の3日間、


iMEDIA Brand Summit JAPAN 2014


に参加させて頂きました。


その際に心に強く誓い、参加者だけの


Facebook非公開グループに投稿した内容を


一部編集し公開させて頂きます。


_______________________________


株式会社GeeeNは2013年9月4日に創業し、

まだ9ヶ月目の何のブランドもない会社です。


ご存知の方も多いですが、

私はデジタルマーケティングエージェンシーである

株式会社コミクスの代表取締役社長も

兼任しております。


株式会社コミクスは今期で7期目の

デジタルマーケティングエージェンシーであり、

規模は小さいながらも堅実に成長している会社です。


最初に私がiMedia Brand Summitに参加したのは

2年前の第2回目の和歌山でした。


2年前は株式会社コミクスの代表取締役社長として

参加されて頂きました。


その時に、日本初の世界的なアドテクノロジー企業の必要性を痛感し、

その年の夏に、インドで開催されたiMEDIA Brand Summit in goaに

参加したら日本人は当時、日本コカ・コーラにいた

江端さんと私の2人だけでした。


ぶっちゃけ私は英語が苦手なので、気合いと根性だけで参加しましたが、

インドの方々に大変親切にして頂いたのを鮮明に覚えております。


私は学生時代、ダンス甲子園に出場した経験があり、

ダンスだけで最終日にインドの方々と仲良くなれました。


ぶっちゃけ仕事には繋がっておりませんが、

数人の現地の経営者とは今もメールや

Facebookでやりとりする仲間になれました。


そして、当時の湧き上がる熱い想いを実現すべく、

2012年10月から完全フルスクラッチの

自社開発のDSPの開発を始めました。


あれから1年半、何度も挫折しそうになりながらも、

日本初の世界的なアドテクノロジーサービスを創る事を夢見て、

歯を食いしばって開発し続け、完全自社開発のDSPである

Web CUBE DSPをローンチする事ができました。


▼Web CUBE DSP
https://dsp.web-cube.info


ちなみに、私は物作りが大好きです。

株式会社コミクスを立ち上げる前は、2000年から2007年まで

フルーツメールというオプトインメールを展開する

IT企業の代表でした。


2001年〜2002年はリスティング広告もまだ無く、

オプトさんやサイバーエージェントさんやセプテーニさんの

年商の10〜 20%はフルーツメールの売上でした。


フルーツメールを運営していたアイブリッジ株式会社時代は

フルーツメールの会員数を増やす為に、

毎月2,000万円〜3,000万円程度のネット広告費を

オプト、サイバーエージェント、セプテーニ経由で

6年間使い続けました。

BSフジに提供番組も持った事もあります。


私の夢は30年以内に世界で最も利用されている

統合型アドブラットホームを提供し、

人類のコミュニケーション領域の発展に貢献する事です。


私はコミクスを創業した際に、世の中のあらゆる広告、

PR露出を独自のアルゴリズムで点数化するシステムを

肝いりで構築しましたがちょっと先鋭すぎてほとんど売れず、

2,500万円の損失を出しました。


弊社グループは、2008年にアクセス解析ツールである

Web CUBEを開発し、ローンチしました。


翌年、Web CUBE の英語版をローンチし、

マイクロアドのインドネシア法人に

OEM提供を開始しました。


矢継ぎ早に、2009年EFOツールであるEFO CUBEを開発し、

ローンチしました。EFO CUBEは現在100社以上の

企業様の会員獲得フォームや申込みフォーム、

ECサイトの購入フォームに導入され、

日々利用されているツールに成長しております。


ソーシャル領域はFacebookとTwitterの一元統合&運用管理ツールである

SNS Managerを開発しローンチしました。有償提供企業数はまだまだ

少ないので課題はたくさんありますが、無償提供の実績を合わせると

導入実績企業数は150社を超えております。


今回、iMEDIA Brand Summit に2年ぶりに参加し、


「来年はWeb CUBE DSPの事例を多数蓄積し、

自分がプレゼンする側になる!」


と強く決心しました!


今後は、自分自身が海外の

iMEDIA Brand Summitに積極的に参加し、

海外のiMEDIA Brand Summit参加者に

日本のブランドサミットの素晴らしさを

ドンドン啓蒙します。


有難うございました!感謝☆彡

来年バージョンアップし参加します。

_____________________


正直言って、2つの会社を経営していると、

私が経営者として未熟であるがゆえに、

しばしば憂鬱な事案が発生し、その度に

焦りや不安、憤りを感じてしまいます。


しかし、それ以上に、

沢山の素晴らしい仲間と一緒に、

困難で一筋縄には決して進めない

アドテクノロジーという事業領域で、

着実に一歩一歩前進している

事実に対し、やり甲斐と喜びに

満ち溢れた日々を

過ごせている事に対し、

感謝しております。


最終責任の発生しない方々は

好きな事を私に言ってきます。


たとえば


「DSPは莫大な投資コストがかかる事業だし、

海外勢も含めて競合他社が強力なので

この寺領領域には踏み込まない方が良い」


とか


「ツール事業なんて客単価が非常に小額なので

今、コミクスの方で主力事業となっている

リスティング広告運用だけに注力した方が良い」


とか


いろいろ言ってきます。


おそらく彼らは彼らなりに心から私の事を

心配して助言してくれているのだと思います。


しかし、今だけ見ていてなにも変革させなければ

未来は先細りしかない、と私は確信しております。


過去の歴史を見ても、世の中を変えてきた人は

周りの反対がどれだけあっても、確固たる信念と

高い志を持って、自分が信じた道を極め続けた

人です。現状維持から成長など有り得ません。


自分が死ぬまで諦めなければ

最後は成功する!と信じて、

コツコツ歩を進めていきます。


※未来は自分の心持ちと行動でいくらでも変える事ができる!


鈴木章裕

投稿者:鈴木 : 2014年6月 3日 21:45 :  トラックバック

想いの共有

カテゴリー:ビジョナリー

 4月3日(木)に弊社のスタッフの皆さんに対し、


私の想いを共有させて頂きました。



守秘義務の関係上、社外には共有できない事項も


沢山あるため、一部抜粋して紹介させて頂きます。


___________________________


 


マクロ経済では、アベノミクスにより直近1年で


株価が約2倍に上がり、株式を保有されている


方々の含み資産が増えました。


 


東京オリンピック開催も決定し、国民は未来に対して


前向きな気持ちになっているのも事実です。


 


しかし、現実の日本は超高齢化の国です。


既に全人口の25%が60才以上であり、


20年後には2人に1人が60才以上になります。


 


国債発行額は1,000兆円を超えております。


税収50兆円に対して予算を


100兆円組んでいる大借金国家です。


 


日本国民と日本企業が生き残るためには、


今後成長が見込めるアジア諸国、


そして世界最大の広告市場である


アメリカから外貨を稼ぐ必要があります。


 


だから私は、起業家として、3年以内に


アジア、アメリカなどグローバル展開を


開始する、


 


と決めております。


 


そうしないと10年、20年後の弊社グループの


成長と発展、ひいては日本の発展は無い、


 


と考えているからです。


__________________________


 


前に進む為には原資が必要不可欠です。


 


どこに注力する軸足を置き、突き進んでいくのか?


注力する方向性を見極め、会社という


船を舵取りするのが私の仕事です。


 


日々の業務に精一杯全力で取り組みつつ、


楽しく、正しく、仲良くをモットーに


今後も邁進していきます。


 


引き続きよろしくお願いします。
投稿者:鈴木 : 2014年4月 9日 13:15 :  トラックバック

「永遠の0」を観て湧きあがった想いについて

カテゴリー:ビジョナリー

先程、「 永遠の0 」を観ました。

 

偶然ですが、去年の4月に縁あって、

 

知覧特攻平和会館 にも行っていたので

 

感極まって何度も泣きました。

 

お国のために、

 

家族や恋人を日本に残し、

 

特攻隊として華々しく

 

散って行かれた当時の若者の事を想うと、

 

胸が張り裂けそうです。

 

第2次世界大戦後、69年が経過し、

 

言論の自由が認められ、

 

好きな事が言え、

 

命を奪われる心配もなく、

 

快適な家もあり、

 

パソコン、携帯電話、時計、自動車などなど

 

数えきれない程の物に触れ、平和な国、日本。。。

 

今の日本の奇跡とも言えるような発展は

 

私のおじいちゃんの世代や親父の世代が

 

戦争を乗り越え、壊滅的な打撃を負いながらも、

 

自分達の大切な家族や友人の幸福のために

 

必死になって働いたからだ!

 

と心から感謝しております。

 

この映画を観て、私は

 

私の家族

 

 

会社のスタッフの事が

 

愛おしくて愛おしくて

 

仕方ない気持ちで

 

一杯になりました。

 

そして、私の大切な人たちに

 

もっともっと喜んでもらおう!

 

もっともっと幸せにしよう!

 

この世に生を受けている事に感謝し、

 

家族のために。。。

 

会社のスタッフのために。。。

 

次の世代の子供達のために。。。。

 

大事な人を幸せにする事業を

 

どんどん生みだす存在になろう!

 

と心から誓いました。

 

神様、ご先祖様、親父、お母さん。。。。

 

俺を生んで育ててくれて

 

ありがとうございます!

 

限りある人生を。。。

 

満足して死ねるように。。。

 

精一杯チャレンジし生きます☆彡

 

投稿者:鈴木 : 2014年1月19日 00:49 :  トラックバック

ピンチもチャンスも最高に楽しい!

カテゴリー:ビジョナリー

 伸びている会社って一定の法則に沿っている、
 
と私は分析しております。
 
たとえば、
 
1、業界が伸びている。
2、社会の不満を改善するサービスである。
3、潜在需要が伸びている。
4、特徴あるサービスを展開されている。
 
などです。
 
伸びる要素のキーワードを要素分解してきました。
 
・環境
・エネルギー
・IT
・ビッグデータ解析
・コンテンツのライツ管理
・高齢者向けビジネス
・グローバル展開におけるコスト削減
・人間の基本的な欲求に関するサービス(たとえば、美・食など)
・コスト削減
・テクノロジーによる効率化
・共感の養成
 
など。。。。
 
2013年8月~10月の3ヶ月間は私自身が現場に戻り、
 
誰よりも泥臭く、
 
誰よりも積極的に営業訪問し、
 
誰よりも沢山提案し、
 
誰よりも沢山の労働時間を費やしました。
 
その結果、一定の成果を残せる事を改めて再認識できました。
 
たとえば、
 
2013年9月から第7期目に入ったコミクスの業績は
2ヶ月連続で創業以来最高売上を更新しました。
 
2013年9月4日に設立した新会社である株式会社GeeeNは
1つの事業を除き、会社設立時に設定した
目標売上超えを3ヶ月連続で達成済みです。
 
ただ、残念な事に私は1人ですし、私の時間も有限です。
 
だから、2013年11月~2013年1月は、仕事量だけでなく、
働く質に徹底的にこだわります。
 
具体的には、同じ1時間働く中でも、より労働分配率の
濃い時間を過ごす事、つまり、効率良く業績を伸ばす
取り組みを深堀りしたり増やしたりする事に集中しよう!
 
という事です。
 
もちろん、労働時間も引き続き突き抜けて
ダントツで多く働くつもりのですが、
その中でも労働の品質の高さに
徹底的にこだわった3ヶ月間にしよう!
 
と心に決めております。
 
私には夢があります。
 
絶対に成し遂げたい人生の志があります。
 
夢と志があるので、どんなにハードな仕事でも
全く苦になりません。
 
全ては夢と志への成功のプロセスである、
と信じているからです。
 
先日、久々に高校時代の同級生と
飲む機会がありました。
 
彼らは大企業に就職し、それなりの
高給取りになっているのですが、
目に輝きはなく、仕事の不満ばかり
言っており、正直言ってしまうと、
居心地の悪い飲み会でした。
 
私は思わず、
 
「そんなに仕事に不満があるなら
不満の元凶となっている人物に直談判したら良いのでは?または
その仕事を辞めて転職するか?自分で商売でも始めたらええやん!」
 
と言いそうになったが結論が目に見えていたので敢えて
何も言わずに黙って彼らの愚痴を聞きながら
不味い酒を飲んでました。
 
彼らにはそんな勇気はなく、ただ単に酒の勢いで
他者の愚痴を言いたいだけである、と分かっていたので。。。
 
やっぱり、仕事も遊びも、無策に流されるよりは
自分から思いっきり積極的にチャレンジし、
流れていく方が楽しいし。。。。
 
私は、
 
自分の人生という唯一無二の壮大な長編大作ドラマを
アグレッシブで喜怒哀楽に富んだ楽しいものにしたいのです。
 
だから、今は毎日が最高に楽しいです! 日々感謝☆彡
投稿者:鈴木 : 2013年11月15日 01:05 :  トラックバック

新会社設立のお知らせ

カテゴリー:ビジョナリービジョナリー

2013年9月4日、コミクスの100%子会社として、新会社を設立しました。

 

新会社の社名は株式会社GeeeN(ゲン)です。

 

詳細は以下URLの通りです。

 

http://www.rbbtoday.com/release/prtimes-news/20130904/47338.html

 

よろしくお願いします。

投稿者:鈴木 : 2013年9月 5日 00:19 :  トラックバック

3年後を見据えて

カテゴリー:ビジョナリー

1年前、コミクスの社員数は14名でした。

 

今は社員数30名の会社になりました。

 

来月、新たに2名(腕の良いシステム開発の方1名と物凄く能力の高い

 
 
 
プロジェクトマネージャー)が入社される事が決まっております(*^_^*)

 

社員数も増え、経営者としての責任も重くなってきている、

 

と痛感しております。

 

 雇用する社員数もどんどん増えているので、私が間違った判断をすることは

 

 決して許されない、と肝に銘じております。

 

だから、3年後に生き残っている理由を最近いろいろ考えております。

 

毎日毎日水を汲みに行く、というイメージではなく、

 

はじめから水路をつくる、というイメージを持ちながら

 

経営をするかしないかで、数年後、会社には大きな差が生まれる、

 

と実感しております。

 

14卒も5名の素晴らしい人財の採用が決まりました☆彡

 

来春には彼らが元気に活躍される姿が見れる、

 

と考えるとワクワクしている自分がおります。

 

彼らがコミクスに入社する頃に、もっと素晴らしいコミクスに

 

成長しているように、私もそうですが、社員全員が、

 

「自分が最後の砦である」という意識を強く持ち、

 

自分のミッションに対して、責任感を持って日々の業務に

 

邁進される事が強く願っております。

 

人生は一度きり!どうせやるなら大きな勝負をしよう☆彡

 

想いの共有まで

投稿者:鈴木 : 2013年6月20日 17:32 :  トラックバック

上期の総括と下期の展望。。。そして、想いの共有。。。。

カテゴリー:ビジョナリー

 弊社は8月が決算月なので、上期は2012年9月~2013年2月まででした。


ざっくり言うと、



売上は、前年同期対比で117%、



売上総利益額は、前年対比で120%



販売管理費(人件費含む)は前年対比160%増

 

 

でしたので

 



販売管理費の増加率の割には売上が増えていないという状況でした。

 


ただし、


 


「上期は次のステージに行く為に組織固めをする!」

 



と期初から決めて経営しているので何も悲観はしておりません。

 



ぶっちゃけ、もう少し、売上額と利益額が多い方が助かるなぁ~

 



という気持ちはありますが(笑)

 


良い点としては、当初の予定通り、次のステージに行ける体制が整いました!

 


私が経営者として大切にしている想い(価値観)は、

 



「トータルでハッピーにするサービスを提供する」

 

 



です。

 



「トータルでハッピー」とはどういう意味か?

 



それは、

 



クライアント、弊社、弊社社員、世の中など、

全ての関係者がみんなハッピーという意味です。

 



去年の春ごろから、思いつく限りの福利厚生の充実を図っておりますが、

残念な事に、福利厚生を良くすればするほど、業績は伸び悩んでいるような気がしておりました。

 



経営者仲間からは、

 



「お前、社員に与え過ぎだよ。社員は社長の優しい想いなんて汲み取ってくれないよ。


福利厚生が良くなればなるほど、思いやりの無い自分の事しか考えないスタッフが増えて業績落ちるよ。

半年に1回、経営者として評価してきるんだから、全て止めてしまった方が社員が勘違いしないよ」

 

 


と言われている始末です(>_<)

 



ただ、私はまだ社員を信じたいし、福利厚生の充実は引き続き行っていきたい、

と心から想っております。

 



ただし、その為には、会社に原資(利益)が残る事が必要不可欠です。

 



下期(2013年3月~8月末まで)は何としても売上目標と売上総利益目標は何としても達成させたい。

 

 


その通過点として、しつこく繰り返しますが、2013年6月単月粗利目標の達成に

トコトン拘って行きたいし、何としても達成させたいです。

 



今はヒリヒリしながら高い数値目標に向かって、社員全員が邁進している状況であり、


とても充実した毎日を過ごせております。

 

 



私の感覚で恐縮ですが、近日中に1つ高いステージに突き抜けそうな

充実感はあります。

 


不退転の覚悟を胸に秘めつつ、直近3カ月はフルスロットルで走り抜けます!

2014年卒の新卒採用も今月と来月が山場になっております。

 



2014年卒は10名の新卒採用を予定しております。

中途採用も1年以内に+10名程度を想定しております。

 


彼らが入社する頃(2014年4月)には、来期の売上目標(利益目標)を射程圏内に捉えており、

3カ年計画の最終年度である年商50億円を目指す体制にしたい、

 



と心から思っております。

 

 



想いの共有まで

投稿者:鈴木 : 2013年4月 5日 14:01 :  トラックバック

【想いの共有】感謝の2012年!チャレンジの2013年!

カテゴリー:ビジョナリービジョナリービジョナリー

コミクスの最終営業日は昨日でした。

 

私はコミクスを5年4か月前に起業してからいつも

 

最終営業日の翌日を自分自身の仕事納めの日、

 

と決めております。

 

今日という日は、誰もいない静かなオフィスで

 

今年の振り返りを一人瞑想しつつ、

来年の課題や目標を一人静かに決める日です。

 

思い起こせば、2012年は一言で言ってしまうと、

 

素晴らしい1年でした☆彡

 

2012年7月にEO JAPANに入会し、尊敬する

素晴らしい経営者の面々とめぐり会え、

会社経営における大いなるプラスの刺激と

経験シェアからくるお金に代え難い

価値ある気づきを得れる体制を創れた事、

 

インドネシア(ジャカルタ)、ベトナム(ハノイ)、

シンガポール、インド(ゴア)、台湾、

アメリカ(シリコンバレー)、中国(上海)の

7カ国に訪問し、海外展開の足掛かりを創れた事、

 

社内のスタッフが成長し、会社としての力量が

大幅にパワーアップした結果、

決して満足ではないが、1年を通して

売上も利益ともに右肩上がりに推移し、

誰もがうらやむような超優良企業の

取引先数をそれなりに増やせた事、

 

企業として、GoogleからAdWords運用において、

オープンビジネスパートナー優秀賞を2回

受賞できた事、

 

新卒社員が採用を開始し、未来を担う

素晴らしい方々が採用できた事、

 

フルマラソン2回、ハーフマラソン2回、完走できた事、

 

妻が剣道の大会に2回出場し、1回は優勝、

1回は準優勝になり3段の昇段試験にも

無事1発合格した事。

 

最愛の3人の子供たちが、

すくすく元気に育っている事。

 

などなど、本当に素晴らしい1年でした!

 

いつもコミクスをご愛顧頂いているクライアントの皆様、

弊社と一緒にクライアント満足の最大化のために

一生懸命取り組んでくださっているパートナー企業の皆様、

寝食を忘れるくらい猛烈に頑張ってくれている社員のみんな、

そして、私が安心して経営できるように家を守ってくれている妻、

 

感謝の気持ちでいっぱいです。

 

素晴らしい方々に囲まれつつ、心安らかな気持ちで

年末を迎えられることに対して

心から感謝しております。

 

昨日、社員の皆さんには共有した2013年の事業ポートフォリオに沿って

来年はドライブをかけていきます☆彡

 

年末年始は、その時にしかできない4つのTodoを実行しつつ、

大いにリフレッシュしたい!

 

と思っております。

 

皆様、今年1年ありがとうございました!

 

良いお年を。。。。。

 

投稿者:鈴木 : 2012年12月29日 11:32 :  トラックバック

素晴らしい人財が思うがままに集まってきてます☆彡 感謝!

カテゴリー:仕事仕事

第6期の第一四半期も創業以来、過去最高の売上と営業利益を達成できました。

 

直近3カ月間は次のステージに行くための組織固めと位置付け、

 

採用活動を徹底して強化しました。

 

その結果、素晴らしい人財(人材)が多数採用できました。

 

ちょっと出来過ぎなくらい上手く行きました。

 

弊社を選んでくれた求職者の方々に

 

素晴らしい対応をしてくれた幹部社員の面々に

 

そして、素晴らしい巡り合わせを提供してくれた神様に

 

心から感謝しております。 感謝☆彡

 

次の成長への組織体制は整いました。

 

志は高く、

 

迷った時はワイルドな方を選択しつつ、

 

明日の成長を信じて、

 

次のステージに向かって爆速で駆け抜けます。

 

クライアントの皆様、販売パートナーの皆様、スタッフのみんな、

 

引き続きよろしくお願いします。


投稿者:鈴木 : 2012年12月 5日 18:24 :  トラックバック

【想いの共有】社員の皆様に贈る言葉!

カテゴリー:ビジョナリービジョナリー

弊社は8月決算なのですが、売上3億6300万円となりました。
前期が、売上2億6400万円だったので、
売上は前年対比137.5%でした。
期初の目標売上、目標利益には到底及んでいない点では
率直に言って不満ですが、売上、利益ともに伸ばす事ができた!
という点では、スタッフの皆様に感謝しております。
本当に有難うございました!
入社1年以上の方に関しては、一部の方を除いて
ほぼ全員、9月から給料も上げました。
資本主義の当たり前の原理原則ですが、
会社の収支が黒字でないと
皆さんの給料は上げたくても上げられません。
要は自分の理想とする生活は自分の努力でつかみ取りなさい、
という事です。
コミクスには、寄らば大樹の陰的な他者依存の社員は不要です。
今、日本は危機的な状況にあります。
おそらく日本は5年以内に破たんする、
と私は予測しております。
たとえば、今年度の歳入が40兆円、歳出が90兆円、
要は、約50兆円を国債(未来の世代の借金)に頼り、
既に債務総額は1,100兆円を超えております。
国民の預金残高は1,500兆円あると言われてますが、
毎年50兆円ずつ国債を発行し続けたら、8年で
無くなってしまう金額です。
もっと身近な数字に置き換えて想定すれば
危機的な状況である事は誰でも一目瞭然で理解できるでしょう。
たとえば、年収400万円のサラリーマン世帯が、1年で900万円消費し、
家のローンが1億1000万円ある状況が今の日本という国の姿です。
貯金は1億5000万円持っているがローンと相殺したら
4000万円の貯蓄しかなく、毎年500万円足が出ているので
8年で貯金が底を尽きてしまうという状況です。
GDP成長率も毎年1%以下という体たらくぶり。。。。
中国をはじめとする東南アジア諸国は逆に、毎年10%近い
GDP成長率であります。
そうなると一昨年のギリシャと同じような事が
おそらく日本でも起こるでしょう。
これからの10年間で消費を積極的に行う中間層が最も増えるエリアが
東南アジア諸国です。
調査機関の発表では10年で13億人の中間層が増えます。
約70年前、日本は戦争に負け全てを失いました。
戦後、私達のおじいちゃんの世代、お父さんの世代が
必死に働き、戦後最大の奇跡と言われる復興を遂げたのも日本です。
1960年~1980年の20年間で、なんとGDP2万%成長という
驚異的な成長を遂げたのも日本です。
私は今年に入ってから、インドネシア、ベトナム、シンガポール、
インド、台湾、アメリカ西海岸に行きました。
その全ての国で、私達の一世代前の偉人の頑張りと偉大さを
痛感してます。
そこには、必ずと言って良いくらい、パナソニック、ホンダ、
トヨタ、TOSHIBA、HITACHI、などの日系企業が脈々と存在し
現地の雇用と発展に貢献しております。
しかし、直近20年に生まれた会社でそのようなグローバル展開を
実現し、現地の雇用と発展に貢献している会社は
ぶっちゃけ、ユニクロとGREEとDeNAくらいです。
私は、このままでは、日本は沈没してしまう、と
心から危惧しております。
私には9才の息子と7歳の娘と4歳の息子がいます。
彼らの世代が成長し、大学を卒業した際に、今より良い日本にし
彼らにバトンタッチする使命が私達にはある、と心から思ってます。
だから、弊社は2016年中(5年以内)に全大陸に
オフィスを持つグローバル企業にしようと決めております。
2016年中には全社員の1/3程度は海外勤務になっている、と想定しております。
私はコミクスを、北アメリカ、南アメリカ、東南アジア、ヨーロッパ、インド、アフリカ、中国など
世界10拠点にオフィスが存在する世界有数のメガエージェンシーにしようと思ってます。
それを実現するための通過点として、2013年12月末迄(18ヶ月以内)に
 
海外拠点を3カ国(3カ所)立ち上げるつもりです。
※同時並行で国内拠点を増やす選択肢も残ってます。
2013年2月までに、直近3ヶ月の粗利目標を達成し、
 
2013年7月中までには、1つ目の海外進出を具現化させたいです。
1つの海外拠点への年間投資コストも既に試算しております。
1年で収支が±0以下の場合は即撤退するつもりです。
 
プラスの場合は更に踏み込みます。
一度しかない人生なので、後で後悔しないように
常にチャレンジ、常に前進し、平成の次の世代を代表するオンリーワンの
イケてるマーケティング会社を創っていきます。
その為には、皆様のお力が必要です。
常に志を高く持ち、謙虚な気持ちを決して忘れず、現状に満足することなく、
皆さんと一緒に世界有数のメガエージェンシーを創っていきたいです。
これからも皆さん末永くよろしくお願いします。
投稿者:鈴木 : 2012年10月 1日 23:43 :  トラックバック

素晴らしい書籍

カテゴリー:ビジョナリー

久々に素晴らしい書籍に出会いました。

 

大富豪アニキの教え

 

という本です。

 

私は本を読む事が好きなので、年間100冊以上、本を読みます。

 

23歳の時からこの習慣はずっと続けているので、約20年間で2,000冊以上の

 

本を読んでいる計算になります。

 

その中でもベスト3に入る素晴らしい本である!

 

と思います。

 

「自分はこんなはずじゃなかった!」とクスぶっている方

 

自分の器を大きくしたい方

 

経営に悩んでいる方

 

など、広く得る物がある本でと思います。

 

別にこの本の著者や出版社からインセンティブを貰っているわけではありません。

 

本当に良い本なので紹介した次第です。

 

お奨めです。

 

投稿者:鈴木 : 2012年8月11日 14:59 :  トラックバック

第2四半期を終えて想う事 (感謝、危機意識、志、希望、未来。。。。)

カテゴリー:ビジョナリー

 
弊社の第二四半期が終わりました。
 
第一四半期終了時に、メインクライアントの1つが不慮のトラブルに巻き込まれ
大幅に予算縮小から始まった第二四半期…
 
結果は、売上、利益共に過去最高を更新できました!
 
ご支持頂いているクライアントの皆様、
そして、
 
昼夜を問わず日々業務に邁進してくれているスタッフのみんなに
 
心から感謝しております。
 
有難うございました!
 
足元は好業績ではありますが、懸念要素も複数あり、
 
私の中では、これまで以上に危機意識が高まっている状況です。
たとえば、
 
1、第一四半期が始まる前に設定した目標数字にはまだまだ足りない。
 
2、新規受注件数の伸びが鈍ってきている。
 
一番、気になっている点は、なんとなく社内が
 
「俺たち結構イケているのでは?」
 
という感じで、当初設定している目標に未達成であるのに
 
「このままで良いんじゃん」という空気感が流れている感じがするのが
 
一番気になっているし、懸念している。
 
この感覚をスタッフ全員が変えないと
 
第3四半期、第4四半期は正直厳しい!と私は思っている。
 
だからこそ、当初設定した目標に対し、よりシビアに達成に向けて注力し、
 
 
決して妥協せず、日々の業務活動に邁進する必要がある。
 
決して妥協せず。。。。
 
粘り強く。。。。。
 
志を貫くということは、「計画を貫く」ことではない。
 
事前の計画をそっくりそのまま形にすることが、志を貫くことではない。
 
多くの人が、ここのところを勘違いしている、と思います。
 
大切なのは「実行し結果を出す」ことです。
 
計画通りに進めることは出来なくても、志したものが出来上がれば良いのです。
 
つまり、実行段階の途中で修正や変更があっても、最終的に目標のものが完成するなら構わないのです。
 
何か計画を実行すると、必ず途中で修正や変更が出てきます。
 
これは当たり前のことで、その変化に対して臨機応変に対応できるのが仕事のできる人です。
 
今月、来月の営業活動は弊社にとって、凄く重要な分岐点になるだろう。
 
一言で言うと正念場(踊り場)です。
 
そして、4月の業績が3月を上回った時、弊社は間違いなく、1ランク上のステージに到達している。
 
簡単ではないのは百も承知している。
 
それでも今のスタッフは創業以来、最高のメンバーが揃っている(最高の布陣な)ので、
 
みんなが本気になれば、絶対に乗り越えられる!と心から信じている。
 
30年後の未来は暗いと言われている日本の中で、未来の日本の子供達の世代が少しでも快適に過ごせる
 
日本である為に良い影響を与える太陽のような会社、
 
それが弊社である!と後世に語られるように、
 
世の中に影響力とインパクトを持つ会社にコミクスを育てる義務が私にはある!と思っている。
 
繰り返しますが、今月と来月が正念場(踊り場)!
 
4月の実績で3月を上回った暁には、感謝の意味と慰労として、社員とその家族(独身の方は彼女もOK)を
 
6月に海外旅行に招待しよう!と思ってます。
 
もちろん全額会社負担で!
 
だからこの正念場(踊り場)を乗り越え、みんなで堂々と海外旅行に行こう(^ ^)!
 
私はみんなのポテンシャルを信じてます。
投稿者:鈴木 : 2012年3月15日 11:21 :  トラックバック

今年1年の振り返りと来年の抱負について

カテゴリー:ビジョナリー

弊社は去年の9月に会社全体の1/4の粗利の会社のアカウントを

ビッククライアントの取り扱いを失いました。

 

その時点で、

 

「これは神様が私に与えられた試練である。真の意味で強い会社になろう!」

 

を前向きにとらえ、

 

1、1社のクライアントに依存しないように取り扱いアカウント数を増やしつつ、

  リスク分散させる事。

 

2、主力商品の内製化を強化し、商品力を強化しつつ、粗利率を増やす事。

 

3、優秀な人材の雇用に注力する事

 

に主軸を置き、日々の活動を続けてきました。

 

その結果、急激に業績は回復し、2011年9月以降は

毎月、創業以来の最高益を更新しているという

好循環な状況で今年を締めくくる事ができました。

 

思い起こせば、去年の年末は

 

「今年、スマホ、ソーシャル、アジアがキーワードの1年になる」

 

と予測し、そこに軸味を置いた施策を行ってきました。

 

3月22日、弊社のスマホ専用HPを立ち上げ

 

4月11日、EFO機能付きfacebook問い合わせアプリの提供開始

 

4月22日、モバイルサイト解析「WebCUBE Mobile」サービス開始

 

7月20日、スマートフォンサイト解析「WebCUBE」バージョンアップのお知らせ

 

10月25日、広告効果計測ツール「WebCUBE」インドネシアでの提供を開始

 

といった行動を起こしてきました。

 

体制も強化しました。

 

開発部門、営業部門、業務部門の核となる人材もできました。

 

先日、私の頭の中でイメージしている事を

2012年度の事業ポートフォリオにしました。

 

2011年3月16日にスタッフ各位に公開した中長期計画を実現させるためにも

2012年はこの事業ポートフォリオに従って次のステージに行こう!

 

と決めております。

 

来年は、更に「スマホ、ソーシャル、アジア」のキーワードに絡めた新事業や

新サービスを急ピッチに立ち上げていく予定です。

 

2012年新事業が次々と花開きますように。。。。

 

クライアントの皆様、スタッフの皆様、

関係者の皆様に心から感謝しております。

 

本当に今年1年ありがとうございました!

 

スタッフの皆さんへ

 

1年間、ご苦労様でした。

2012年は、更に良い年にしましょう!!!

次のステージに行きましょう!!!

 

良いお年を。。。。。

 

投稿者:鈴木 : 2011年12月31日 20:02 :  トラックバック

どこまで突き抜けられるのか?良い意味で楽しみです♪

カテゴリー:ビジョナリー

10月は創業以来、最高益を更新しました。

 

おそらく11月も10月より更に高い利益になる事は確定してます。

 

去年の9月から今年の8月にかけて、今の状況を予測し、

 

「個人の力で売る体制から組織の力で売る体制への脱却」

 

を最優先課題とし、人員戦略、商品戦略に取り組んできた結果が実を結んできております。

 

今から6ヶ月後、どうなっていたいか?

 

出来る限り具体的にイメージし

 

直近3ヶ月間の目標を3つ決め、

 

直近1カ月の行動に落とし込むことにより、来年の後半の成長幅が決まってくると思いますので

 

中期的な視野で諸々手を打っていきたいと思います。

 

日々感謝(^。^)y-.。o○

投稿者:鈴木 : 2011年11月 9日 01:03 :  トラックバック

8月決算を終えて、社員のみんなに私から伝えたい大切な想いについて。。。

カテゴリー:ビジョナリー

弊社の決算月は8月である。4期目の最終集計が今月末には確定し、

来月中には株主総会を行う手筈になっている。

 

年商は前期対比で約10%減、年間粗利合計は約16%減、販売管理費は67%増、

経常利益は前期の10分の1程度(400~500万円)で終わる、と思います。

※株主の皆様、不甲斐ない数字で恐縮です。

 

この数字だけみると、「イケていない会社」のように見えますが、

内容は大いに違っております。

 

1年を通じて、前期の期初に課題としていた

 

1、内製化の充実

 

2、一部の個人の営業力だけで売っていた組織体制から、

  チームの組織力で売れる体制への変革

 

を何とか実現できたので、

 

「内容としては非常に良かった!」

 

と満足しております。

 

その証拠に、既に、2011年9月~11月の5期目の第1四半期は、

経常利益ベースで前期通期利益の5倍程度の利益が既に確定しており、

売上、利益ともに、創業以来からの最高値を超える事は確実な状況です。

 

その原因は何か?。。。。。。

 

端的に言ってしまうと、1年前と比較し、スタッフのレベルが格段に高くなっている事です。

 

今の弊社スタッフは、営業部門、開発部門、マーケ部門、業務部門など各部門全てが

かなりハイレベルな方々で構成されており、競合他社との比較軸でシビアにみても、

競争優位性のあるチームとして、有機的に機能し始めており、

日々バージョンアップしている状況です。

 

たとえば、クライアントとの折衝や調整を行う営業部門のスタッフは

全員がYahoo!リスティング広告の認定試験のプロフェッショナル保有者であり、

GoogleAdWords認定プログラムの検索広告の上級者試験にも合格しており、

かなりハイレベルなリスティング広告運用をできる体制になっております。

 

主力業務の1つである、SEO対策、Webマーケティング業務に関しても、競合他社の方々が

 

「弊社の知見を有償で良いのでご教授いただきたい!

 

とか。。。。。

 

「アライアンスパートナーになって拡販の協力をしてほしい」

 

といった広告代理店様も複数出てきている状況です。

 

取引クライアントにも恵まれ、取引クライアント数は1年前の約2倍に増えました。

 

非常に順調なスタートを切ったので、その意味ではワクワクしております♪

 

逆に、今の時期だからこそ、各自が、自分の3ヶ月後、あるいは、6か月後に成し遂げる

必要があるミッションを再度理解し、結果に対し日々シビアにそれを真摯に受け止め、

足りない部分を日々補完しつつ、更なる盤石な成長を目指す必要がある、という事も

皆さんにお伝えしておきたい事です。

 

ご存じのとおりですが、今期の目標は前期との比較軸でみると、比べ物にならないくらい

高いレベルに設定しております。しかしながら、現在の皆様のレベルからすると、その目標は

 

「実現可能、かつ、妥当性のある目標である」

 

 

「皆さんならきっと成し遂げられる!」

 

と信じております。

 

「世の中の流れや変化をキャッチアップしながら、自分達も過去の成功に固執することなく、

柔軟に変化できる存在であり続けたい。それが3年後の中期計画の実現につながるので。。。。」

 

今期は経営者として、ワンランク上の次元の仕事をする必要がある年であり、

取り組む必要がある課題が複数あり、非常にやりがいと手応えを感じております。

 

スタッフの皆様へ

 

「人間が世の中に生を授かったという事は、世の中がその方に何かを成し遂げて欲しいからであり、

私達は人類発展の歴史に貢献するために、進化しなければいけない」

 

という事です。

 

楽しく毎日ワクワクしながら、難しい局面の仕事でも、前向きに成長機会と捉えれて

チャレンジしていきましょうね♪

 

末長く宜しくお願いします。

 

                                              株式会社コミクス 

                                          代表取締役 鈴木章裕

 

 

投稿者:鈴木 : 2011年10月18日 00:46 :  トラックバック

クレドの重要性について

カテゴリー:ビジョナリー

2011年3月16日、約6ヶ月間かけて作成したコミクス版クレドを社員の皆さんに配布した。

 

特に、企業理念(根底に流れる基本的な考え方)と行動規範は、それまでに現場のスタッフや

管理職の面々、役員の面々にヒアリングし、現実に即した弊社オリジナルの濃密な物となっている。

 

各スタッフは自分が悩んだ時に、行動規範を見て、それに沿って行動してほしい!

という想いで作成した。

 

2007年9月6日に起業してから既に3年10カ月。。。。。

 

やっと起業前に思い描いていた理想の組織に近くなってきた。

 

結果的に4年もかかってしまったが、これからの未来が本当に楽しみになってきた(*^_^*)

 

スタッフの皆さんは、悩んだ時、迷った時には、是非、クレドの行動規範を見てほしい。

 

そこに答えがあるので。。。。

 

来週は新たに2名のスタッフが増える。

 

「人類の歴史に貢献できるほどのインパクトのある会社にしたい」

 

ホント、良い感じになってきた(*^_^*)

 

これからのコミクスにワクワクしている自分がいる♪

投稿者:鈴木 : 2011年7月15日 22:20 :  トラックバック

人生の道

カテゴリー:ビジョナリー

まっすぐ舗装された道

山道

がたがた道

夜道

田舎道

大都会の大通り

いろんな道がある。

人生も同様。

自分が人生を掛けて成し遂げたい目的「志」の為に、人はその局面、局面でいろんな道を歩く。

決して簡単には通れない道もあるだろう。

苦しくて…
つらくて…



歩きたくない日もあるだろう。

ただ、どんな辛くても、世のため、人の為、親友の為、恋人の為、愛する家族の為なら頑張れるし、乗り越えられる。

志は高く…

自分の信じた道をこれからも歩いて行こう♪

 



子供達の世代の為に、役立つサービスや仕組みをどんどん創っていきます!

投稿者:鈴木 : 2011年6月 5日 03:22 :  トラックバック

上に立つ者の心得。。。。

カテゴリー:ビジョナリー

創業時は能力の高い(営業能力、企画能力、開発能力など)方が

上に立った方が組織の立ち上げは早いが、会社も年齢を積み重ねて、

組織が出来てくる中で、上に立つ者に求められる最重要な要素は

変わってくると思います。



弊社の場合、今、上に立つ者の中で最も重要な能力は



「ズバリ、人間力」



です。



6月20日から、東南アジア市場に旅立つ弊社営業部マネージャーとの会話。。。。

※誰もが知っている某IT企業の元大阪支社長です。



「上に立つ者は、会社に対し最も愛社精神のある方が良いですね。

能力以上に人柄が大事だと思います。チームの皆を巻き込んで、

苦しい時も決して弱音を吐かず、決して諦めず、チームと会社の

為に全力を尽くせる人間が上にいる会社は強いですね」



という共通認識で大いに盛り上がりました(*^_^*)



まったく、その通りだ!



と思います。



その意味では、弊社も来期の大いなる飛躍のために、

組織の再構築を行う必要がある、と考えております。



しかも嬉しい事にその候補者は確実に育ってきている!



楽しみだなぁ~
投稿者:鈴木 : 2011年6月 3日 01:23 :  トラックバック

利益よりも大切な物  ~ スタッフの皆様へのメッセージ!~

カテゴリー:ビジョナリー

昨日、私の42歳の誕生日でしたが、1つ印象的な事件がありました。

 

短期的には大きな売上なのですが、いい加減な妥協をし、受注してしまうことにより、

現場のスタッフに変な苦労をかけたくなかったし、長期的な信頼を失墜したくなかったので、

あえてお断りする方向で話を進めた、という事件です。

 

5月6日の商談時での、詰めが甘かった為、いろんな各方面を動かしてしまってから

一昨日の商談で詰めの甘さを痛感。その後、すぐに軌道修正し、今回の結論に至りました。

※5月6日段階での詰めをもっとしっかりしていれば、2週間、いろんな方々の時間と手間を

 取らせることも無かったのでは?と反省しております。スタッフの皆様、および、

 本件にかかわった皆様に対し、心からお詫び申し上げます。

 

正直言って、短期的な利益の話で言うと痛いですが、それ以上に、私(弊社)の

企業姿勢をスタッフの皆に対し、身を持って示せたという点では

非常に素晴らしい事であった!と思っております。

 

スタッフのみんなにも、私の想いは伝わっている!と信じております。

 

「短期的な利益より、信頼を勝ち取る方が大事」

 

「クライアントには受注側(受注する会社)を決める権利があるが、受注側(受注する会社)にも

クライアントの受注を請けるか?請けないか?を決断する権利がある事」

 

「仕事を受注する側は出来る限りの調整と強調は、発注者であるクライアントに対し

当然行う必要があるが、コミットできない調整依頼に対しては、いい加減に誤魔化して

先送りせず、断固としてNO!という事を毅然とした態度で回答する事が、自分(自社)の

身を守り、同時に、クライアントに対する中長期的な信頼を生むという事」

 

スタッフの皆様へ   ↓↓↓↓↓↓

 

自分が心から素晴らしい!と誇れる仕事への取り組み方をしよう!


人が生涯を掛けても出来ないような偉業にチャレンジしよう!



他人から見たら、退屈でつまらなさそうな仕事が回って来たら、

人徳を積み上げるチャンスだ、と思い、楽しみを見いだそう!



困難に遭遇しても決して諦めるな!諦めない限り、チャンスは必ず来る。



ちょっと上手く行ったからといって、傲慢になるな!



どんな時も素直な心で物事を見ないと成功は永続きしない,

と肝に命じて、絶えず自分を戒めよ!



友人・知人・家族に自慢したくなる仕事をしよう。



そして、人類発展の歴史に貢献しよう。

 

※私の自慢は素晴らしいスタッフに恵まれた事です♪

 

まぁ、仕方がないよね。他で稼ごう(*^_^*)

 

末長くよろしくお願いします。

 

投稿者:鈴木 : 2011年5月21日 03:25 :  トラックバック

今から6ヶ月間が第2フェーズの勝負所!

カテゴリー:ビジョナリー

弊社もこの8月で4期目が終了する。

 

3月11日の東日本大震災で弊社も数千万円レベルの凹みがあった。

 

私は昭和44年に生れた人間なので、第2次世界大戦は体験していないが、

社員の皆が、第2次世界大戦後の労働者を彷彿させるような類稀なる

頑張りと粘りと努力を実行してくれた。

 

その度に、クライアントが予測を超える感動を提供する事が出来た。

 

そして、その凹みを2カ月で乗り越えた。

 

4期目の期初に決めた事が徐々に実を結びつつある事を

実感している今日この頃。。。。

 

今から6ヶ月後が第2フェーズの中間地点。。。。。

 

これから6ヶ月後(2011年11月)のあるべき姿を強くイメージし、

改善プロジェクトを粛々と実行中。。。。。。。。。

 

来期の第1四半期にその結果が出てくると思う。

 

未来を信じて。。。。。

 

自分を信じて。。。。。

 

スタッフを信じて。。。。。

 

諸々チャレンジする今からの6ヶ月間。。。。。。。。

 

長年の友人であるある会社の社長の言葉を借りると

 

「やるかやらないか!やることにより世界を変える!」

 

勝負です!!!

 

やり切ります!

投稿者:鈴木 : 2011年5月16日 23:05 :  トラックバック

想いは叶う!

カテゴリー:ビジョナリー

先日、2014年8月期までの中長期経営計画を策定しました。

 

それに伴い、弊社のクレドをスタッフ向けに作成しました。

 

その中に記載している事が確実に実現しつつあると実感する今日この頃。。。。

 

弊社も東日本大震災の影響が無いと言えば嘘になりますが、

それを差し引いても、確実に良い方向に前進している事を実感しております。

 

特に人材面においては、ほぼ目論見通り順調に推移しております。

 

生え抜きの人材は育ってきているし、新たな参画する優秀な人材も

ほぼ狙い通り、集まってきております。

 

人が増えるということは、当然ながら経営者としての責任も増えます。

販売管理費も増えるので、損益分岐点も上がります。

 

こんな時流なので、人を増やさず、少数で今まで通り事業を行う、という

選択肢を選ぶ経営者も多い、と思います。

 

ただ、私は今こそ、良い人材を獲得する攻め時である、と逆に思います。

 

経済が低迷し、既存の枠組みで物事が上手く行かない時、新たな仕組みと

新たな産業が生まれているのは、歴史が証明しているとおりです。

 

中長期経営計画に基づき、計画通りの結果にするために、

定期的にクレドを見直し、先を見据えて、ブレない経営を粛々と行っていこうと思います。

 

成せば成る!

 

4月、5月、6月、思いっきり走り抜け、実りの夏を迎えたい!と思います。

 

やったります!!!

投稿者:鈴木 : 2011年4月 6日 15:06 :  トラックバック

日本国民の1人として、できる事をしよう!と決めました。

カテゴリー:ビジョナリー

東北地方太平洋沖地震にて被災された地域の皆さま、関係の皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。

私は阪神大震災を経験し、今回の東日本大震災発生時にも千葉県市川塩浜駅内で地震に遭遇しました。

今回の東日本大震災は阪神大震災と比較しても比べ物にならないほど大きな地震でしたし、
おそらく死者の数も数万人に達するのでは?と危惧しております。

家を失った人、家族を失った人、友人や知人を失った人など膨大な数に上ると推察します。

弊社は創業4年目のベンチャー企業であり、1期目、2期目は赤字で、
3期目にやっと黒字化したなので、正直言って、決して余裕はありませんが、

「日本国民の1人として、できる事をしよう!」

と決めました。
 
以下、弊社の取り組みを紹介しているページです。
 
 
東日本大震災への弊社取組と義捐金のお願いについて
 
 
日本、そして日本人、ガンバレ!
 
繰り返しになりますが、東北地方太平洋沖地震にて被災された地域の皆さま、
関係の皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。
 
                                     株式会社コミクス
                                 代表取締役 鈴木章裕

投稿者:鈴木 : 2011年3月14日 11:45 :  トラックバック

閃き!

カテゴリー:ビジョナリー

先週末、家族で鈴鹿サーキットに行ってきました。

 

鈴鹿サーキットに隣接する遊園地に子供達3人と妻、私の5人で思う存分、遊びました。

 

そのアトラクションも距離が長く、非常に充実しており、素朴に感動しました!

 

あるアトラクションに乗っている最中に、ふと閃きました。

 

製造業の場合、メーカー保証などの品質保証があるのに、サービス業の場合、その類の物が

ほとんど皆無であるという事を。。。。

 

そこで決断しました!

 

弊社の某サービス(ソリューション)に品質保証(メーカー保証)を付ける事を。。。。

 

さっそく、懸案の会社にその事を話すと、反応はスコぶる良かった(*^^)v

 

今後、非常に楽しみな展開になりそうです。

 

 

投稿者:鈴木 : 2010年7月13日 23:50 :  トラックバック

不景気でも好業績の企業の共通点って何?

カテゴリー:ビジョナリー

世の中、不景気なニュースが本当に多い。

 

しかし、そんな中でも好業績の企業もある。

 

吉野家

 

餃子の王将

 

ユニクロ

 

ベストブライダル

 

日本マクドナルド

 

任天堂

 

各社、付加価値の高い商品を類稀なる企業努力により消費者のライフスタイルの一部に

上手く組み込んでいるなぁ~ 

 

弊社の場合、販売対象先は個人ではなく主に企業なのでここで言う消費者は企業ということか!?

 

顧客ニーズを的確に捉え、過去に拘らず、ニーズに応じて臨機応変に変化し続けよう!

 

そうする事により顧客に必要とされる企業になり結果も自ずと付いてくるので。。。

 

以上 自分への備忘録方々記載まで

 

 

投稿者:鈴木 : 2009年4月15日 00:47 :  トラックバック

寂しい発見(ToT)/~~~

カテゴリー:ビジョナリー

偶然、2004年~2005年にお世話になっていたアトムショックウェーブの社長の名刺を発見した。

 

久々にお会いし諸々情報交換でもしたいなぁ~

 

と思いアトムショックウェーブのwebサイトを約3年ぶりに訪問してビックリ!kao12.gif

 

2009年1月31日をもってアトムショックウェーブは終了しました。。。との事kao21.gif

 

日本のネットを絡めた質の高いエンターテイメントコンテンツを創って

世の中に提供している数少ない会社の1つだ!

 

と個人的には思っていたので本当に哀しい。

 

当時、お世話になった社長の個人名で検索すると。。。。

 

こんなリリースにブツかった!

 

ソニー・ピクチャーズ・エンターテイメントのバイスプレジデントになっているではないかbikkuri01.gif

 

近々、連絡してみよう!そして、どうしてショックウェーブが終わったのか?聞いてみよう!

 

そう思った次第です。

 

 

 

投稿者:鈴木 : 2009年2月 4日 03:13 :  トラックバック

今年のテーマ

カテゴリー:ビジョナリー

今年1年は変革の年。。。。。

 

世の中の景気が悪くなっている今こそ、弊社のような新規参入し

市場に入り込む必要性がある新参者のベンチャー企業にはチャンスの好機!

 

と捉え、諸々果敢に挑戦していく覚悟です。

 

ちなみに、私の今年1年のテーマ(ミッション)は以下の通り

 

1、徹底した販売管理費の削減

2、売上(利益)が増える組織(仕組み)創り

3、選択と集中(販売強化商品と販路の選定)

 

に尽きます。

 

今年1年は上の1~3を愚直に実行し続けるつもりです。

 

本年もよろしくお願いします。

投稿者:鈴木 : 2009年1月 6日 03:13 :  トラックバック

民放連「広告費の長期展望」を見て。。。。

カテゴリー:ビジョナリー

民放連「広告費の長期展望」マス4媒体低迷


インターネット広告が2014年に新聞広告を抜く bikkuri01.gif 


民放連は30日、「テレビ、ラジオ広告費の長期展望~
インターネット広告費の拡大と低迷するマス広告費~」をまとめ、
“媒体別広告費の試算結果”を公表した。 


媒体別の試算結果をみると、テレビ広告費
は05年以来のマイナス基調が2015年まで
継続し、そのマイナス幅は1・0~2・0%程度。
ラジオも2015年までマイナス基調が続き、
マイナス幅は3・0~4・5%程度となる。


新聞、雑誌もマイナス基調が続く。一方、
インターネットは概ね堅調な推移で伸び、
その結果、媒体費だけでも13年に新聞に
並び、14年には新聞を700億円近く上回り、
テレビに次ぐ第2位の媒体になると考えられている。


そして15年には9千億円を超え、媒体費で
1兆円を臨む規模となる可能性がある。
マス媒体は15年には3兆円を割り込む
可能性があり、インターネット広告費はテレビ
を除く全てのマス媒体のパイを奪う形で
成長を続けると見られている。 


マスメディア事業者の対策は、1:ネット広告
分野に積極的に参入し収入を得る、2:広告
以外の収入源のさらなる拡大、以上2点で、
マス広告のビジネスモデルは転換点に立っているとした。 


全文は「日刊文化通信速報・放送版」に掲載)

※方向性としては弊社の方向性は中長期的な視野で見たら
 トレンドにマッチングしている事を再確認できました。

PS:そう言えば、最近テレビCMを出稿したいという
   問い合わせが増えてきている気がする。

以上 参考方々情報共有まで

投稿者:鈴木 : 2008年12月21日 08:41 :  トラックバック

発想のヒント(来年の抱負)

カテゴリー:ビジョナリー

なんとなく、お風呂に入りながら考えをまとめていた。

 

来年度は以下の方針で挑みたいと思います。

 

1、儲けたい会社を支援する。


2、不便な事を改善できる仕組み『ツール』を提供する。


3、世の中の流れを見極め、人々に支持されるサービスを提供する。


4、小さく生んで大きく育てる。

備忘録方々参考まで

投稿者:鈴木 : 2008年12月15日 08:33 :  トラックバック

トレンドを創る!

カテゴリー:ビジョナリー

クワバラオハラのクワバタさんが劇的に痩せたダイエット法が大ヒットしている!

 

その名は、コアリズム。。。。

 

つい6ヶ月前に爆発的に流行ったビリーズブートキャンプの再来を彷彿させる。

 

実は、どちらも、株式会社オークローンマーケティングという名古屋の通販会社が

正規輸入元である事を知っている人は案外、少ないかも。。。。

 

彼らはエクサボディーという新ブランドを立ち上げて

 

「エクササイズしながら痩せる」という事を推奨している。

 

その共通展開として、必ず芸能人を活用しテレビを使って体験番組を流し、

トレンドを創っている。

 

おそらくテレビ番組の制作に強い企画会社&PR会社がブレーンとして

存在しているのだろう。

 

世の中のテレビ番組の中の情報には、かなりの部分で弊社のようなPR会社が

絡んでいるネタがある。

 

新商品紹介コーナー

 

とか

 

街で流行っている商品

 

とか

 

芸能人ご用達の特産品

 

とか

 

諸々、PR会社が裏で絡んでいる案件は枚挙にいとまがない。

 

そんな中、最近、複数の携帯コンテンツ運営会社から

PR活動のコンサルティング依頼の相談があった。

 

携帯コンテンツ会社も従来の広告手法では認知率を高めたり、

会員数を増やしたりする中で限界を感じている!

 

と実感する今日この頃。。。。

 

携帯ビジネス+芸能人+EC+テレビ+PRを総合的に絡めたコミュニケーション・ミックスが

近々、弊社で実現しそうなうれしい予感を感じております。

 

世の中のトレンド(消費者のライフスタイルの変化)に対し、絶えずアンテナを張り巡らせ、

イザという時の引き出しを用意しておく必要性も同時に痛感する今日この頃。。。

 

面白くなってきました(*^^)v

投稿者:鈴木 : 2008年9月 3日 03:45 :  トラックバック

5年以内に世界戦略!

カテゴリー:ビジョナリー

昨日は、年商1兆円以上あるインフラ産業の大手企業の方と商談し

近々、取引が発生する見込みクライアントとなった。

 

今日は、年商1兆円以上ある大手化学企業の方と商談した。

その時の話。。。。。

原油価格が1ドル上がると数百億円の利益が吹っ飛ぶので今の原油価格の

高騰は本当に恐ろしい、との事。

「恐ろしい金額のお金だぁ~。規模が大き過ぎて正直、具体的にイメージできん」

と心の中で叫んでしまった。

 

と同時に、自分の尺度でしか物事を見れていない自分にちょっと反省した(-_-;)

 

一昨日の日本経済新聞の朝刊にビール会社の世界再編の記事を見た。

 

同様の世界再編の記事を数ヶ月前に鉄鋼業界の記事でも見た事を思い出した。

 

「世界は動いているなぁ~」

 

と記事を見ながら実感した矢先の生々しい企業担当者からの言葉だった。

 

そう言えば、東証、大証、名証の売買代金の50%以上は外国人投資家である!

 

という記事を過去に見たなぁ~

 

日本は第2次世界大戦後、50年間で経済成長率7万倍という

類を見ない驚異的な高度経済成長を遂げた日本。。。。

 

2年ほど前のNHKの特番で見て印象に残っている言葉だ。

 

しかし。。。。

 

現状に満足し、上昇志向を見失い、未来を見据えた世界規模での経営戦略を

模索している日本企業はこの10年はそれほど増えていないのでは?

という気がしてならない。

 

弊社はまだ設立1年未満の小さな会社であるが、

5年以内には、日本国内のみならず、世界戦略(海外展開)を開始したい!

 

否、するべきである!と思っているし、必ずそうするつもりです。

 

だって、人口1億2000万人より、人口60億人以上を相手に

商売した方が面白いに決まっているから。。。。

 

今、こんな話をすると、「コイツ、気が狂っているのでは?」

と思われるかもしれないが、敢えて自分自身を鼓舞し未来を

予見するために、この内容の記載を今日しました。

投稿者:鈴木 : 2008年7月17日 07:39 :  トラックバック

閃き!

カテゴリー:ビジョナリー

弊社のクライアント業種として増えてきているある業種の事を考えながら

 

諸々検索していて、ある法則に気づきましたkira01.gifbikkuri01.gifkao-a01.gif

 

これは、もしかして。。。。star.gif

 

早速、具体的に実施に向けて活動してみよう!

 

と思います。

 

8ヶ月後が楽しみだなぁ~kao-a01.gif

 

 

 

 

投稿者:鈴木 : 2008年7月11日 11:54 :  トラックバック

愛を持って接する事の大切さ。。。

カテゴリー:ビジョナリー

私事で恐縮ですが、ある気持ちの変化が3か月前にあった。

 

それから非常に物事が良い方向に向かうようになっているkao-a01.gif

 

それは何かと言うと。。。。

 

 

頑張る動機が3か月前までは、このままでは不味い!

 

とか

 

今の現状に不満なので改善したい!

 

とか

 

自分はこれだけ頑張っているのになぜ結果が思うように伴わないのか?

 

という飢餓感と不安だったり。。。。

 

上記諸々の危機感から行動していたのに対し、

 

3か月前のある出来事をキッカケに、自分の考えが大きく変わった。

 

それは、今の弊社と自分の現状を前向きに捉え出した、

 

という気持ちの変化である。

 

気持ちが前向きに変化する事により、クライアント、社員、家族に対する接し方も

 

かなり変わった(大らかになったらしい)

 

人間の行動したり、発言したりする動機となっている部分は

 

基本、怖れ or 愛のどちらかである、という貴重な言葉をある先輩経営者から聞いた事が

 

私の考えを変えたキッカケであった。

 

「愛を持って接しよう!何事も!」

 

クライアントにも、社員にも、家族にも。。。。

 

これにより、弊社と私自身に良い循環が巡って来ている。

 

自分がクライアントの発展の為に心底努力すれば、

クライアント側もその努力に報いようと発注してくれるし、

 

自分が社員の幸せの事を考え、そのために出来る事を

率先して実施したり、

 

家族の為に、感謝の言葉を言ったり、

感謝している事実に対し、何か行動で示したりする、

 

事により、自分にも良い循環が還元されるようになった気がする。

 

「相手の幸せの事を心底、想い、相手の為になる事を見返りを求めず実行する」

 

事により、結果的には充分過ぎるほどの見返りが返ってきている。

 

以前、「鏡の法則」という本を読んで納得した事にも相通じている。

 

たとえば、自分が相手の事を好きに感じていれば、相手も自分の事を

好きになる方向でベクトルが推移したり、

 

自分が相手の事を「嫌な奴」などと思っていると、相手も自分の事を

嫌っていたり。。。

 

要は、自分の日頃の行いを良くすれば、自ずと、自分を助けてくれる人が

現れたりする。

 

何事も相手に対しての「愛の気持ち」

 

「愛の気持ち」=「相手の幸せを心底願う気持ち」→→→「相手も私の幸せを願ってくれている」

 

という良い循環になって来ている。

 

社内コードネーム:ミドリフジ

 

の発想もココから始まった事を忘れずに明記しておきたい。

 

世の中って上手く出来ているなぁ~

 

と心の底から痛感している今日この頃である。

投稿者:鈴木 : 2008年6月20日 00:52 :  トラックバック

身に沁みて実感するメンターからの教訓

カテゴリー:ビジョナリー

私が尊敬するある経営者(メンター)の方と先日、食事をしていた。

 

3時間くらいだっただろうか?お互いの家族の事、趣味の事、夢の事など

忌憚なく語り合った。

 

その食事中の会話の中で非常に鮮明に私の記憶に残った言葉

であり、感銘を受けたのでその場でメモした言葉が以下の言葉である。

 

1、私の場合、立ち上げ初段階の会社は「お金を生むもの」にだけお金を使ったなぁ~

 

2、ビジネスの成功と失敗において全責任を負うのはトップ1人にした方が良いよ。

 

3、5年後の理想の姿をより具体的にイメージに紙に書いていつでも見れるようにするべきだよ。

  5年後は全てが上手くいっているという前提で考えるべきであるが、直近の1年は

  現実的なものにするべきであり、予測し得なかったあらゆる事が起こっても十分

  カバーできるぐらい十分な資金がいくらになるのかを明確にするべきであり、

  経費の項目の最後に、あと15%程度の予備費を追加して資本政策を

  組むべきだよ。

 

4、常に前向きなイメージを持って前進し続けた方が良いよ。失敗のイメージを長々と考えすぎない事。

  成功だけを心に描き続けなさい。何があっても前向きに前進し続ける事が成功への一番の

  近道なのだからね。。。

 

大いに感銘し、今、私なりに不器用ではあるが実行している。

 

その効果は目に見えて良い方向で現われてきている。

 

貴重なアドバイスありがとうございます!心から感謝しております。

投稿者:鈴木 : 2008年6月12日 01:52 :  トラックバック

既存の商品に新たな市場価値を生み出す意味

カテゴリー:ビジョナリー

任天堂の躍進が止まらない。

 

ゲーム販売額過去最高 07年度の6769億円 任天堂が台数首位

 

ゲームという市場に参加しなかった主婦層、高齢者層、女性層を見事に取り込んだ

戦略の巧みさは称賛の一言に尽きる。

 

市場価値を無限に拡大する任天堂の戦略は見習うべき部分が多々あるなぁ~

 

と心から思う。

 

弊社も新たな価値を創造する企業になりたい。。。。

投稿者:鈴木 : 2008年4月 4日 18:05 : コメント (1) トラックバック

SEO対策のニーズに答えて・・・・

カテゴリー:ビジョナリー

コミクスはSEO対策の実績は創業6か月の会社にしては異常なくらい多い。

 

クライアント満足の最大化を追求している結果としてSEO対策に対する

 

実績と造詣が日々深まっている。

 

だから・・・・

 

顧客の皆様のニーズにお応えするために・・・・

 

SEO専門サイトを昨日立ち上げました。

 

リリース内容はこちら

 

サイト名は、SEO MIX

 

ユーザー(顧客)の利便性にこだわり、

 

100ページ以上となる用語集

 

 

便利な無料ツールも複数公開しております。

 

今回のサイトOPENに際し、

 

類希なる努力をしてくれた社員の皆さま、

 

特にダブルT君の2名に心から感謝の意を表します。

 

ホント、ありがとうkira01.gif

 

皆さんと一緒に仕事ができて私は本当に幸せ者ですkao21.gif

 

『SEO市場にコミクスあり』という存在になれるように

 

業界No1を目指して今後も切磋琢磨していきましょ♪up.gif

 

コミクス第2章の始まりですkao-a01.gif  代表より  

 

投稿者:鈴木 : 2008年3月19日 16:08 :  トラックバック

東京ガールズコレクションから学んだ事

カテゴリー:ビジョナリー

昨日、東京の渋谷で東京ガールズコレクションが盛大に開催された。

 

去年までは一視聴者として見ていたイベントであったが今年は違った。

 

同じようなイベントってコミクスで出来そうだなぁ~

 

と率直に感じた。

 

弊社の事業領域であるキャスティング部門が集客力のある芸能人をキャスティングと会場の設営などを担当し、

 

PR部門と広告代理部門が集客のPR戦略とプロモーション活動を実行し、

 

システム部門が携帯からの購入の仕組みを提供すると・・・・

 

一連の流れは提供可能では?と率直に思いながら見ていたら

 

なぜかワクワクしてきた。

 

なんか、

 

世の中にインパクトを残せ・・・・

 

生活者の方々に喜んで貰えて・・・・

 

クライアントの協賛も付く・・・・

 

そんなイベントをやってみたいなぁ~

 

以上 備忘録方々独り言でした。

投稿者:鈴木 : 2008年3月16日 22:59 :  トラックバック

ipodをつくった男

カテゴリー:ビジョナリー

「ipodをつくった男」 という文庫本を読んだ。

 

スティーブ・ジョブスの現場介入型ビジネスの神髄が詳細に書かれており

非常に為になる話が多数あった。

 

アップル社員に脈々と流れている

 

「革新的で最高の製品を創り上げようとする信念にも似た想い」

 

というフレーズが特に印象の残った。

 

スティーブ・ジョブスのキーノートプレゼンテーションへの取り組み方も

大いに参考になった。

 

準備の大切さを改めて痛感したし、世の中に無い革新的なサービスを生み出すためには

 

市場調査ではなく、創造者の高い志とビジョンの方が重要であり、そもそも一般大衆は

 

具体的に革新的な物やサービスが出来上がるまで自分たちが何を求めているのか?

 

明確には分からない、という文言も非常に興味深く腑に落ちる内容だった。

 

見えない部分への拘りと美意識の高さにも共感した。

 

この本で得た事を1つ2つ実践してみようと思いました。

投稿者:鈴木 : 2008年3月11日 01:09 :  トラックバック

なんか泣けたなぁ~

カテゴリー:ビジョナリー

取引先の価格.comの担当者から

 

価格.com 賢者の買物 カカクコムの起承発展

 

という本を貰った。

 

カカクコム立ち上げから今までの歴史と軌跡が凄くリアルに

 

且つ、私の知っている方も多数登場し、泣ける部分が沢山あった。

 

物を購入する時はネットで比較検討するという

 

AIDMAからAISASへの転換を消費者に誘導し

 

世の中の購入導線を変えた、と言っても過言ではない価格.com。。。。。

 

私は2001年からの付き合いですが、その当時はあまり広告も入らず、

 

掲示板機能のある価格.comは2ちゃんねると同質的な怪しいメディアに

 

見られがちで、担当の相澤さんも上司の内田さんも苦労してたなぁ~

 

2001年に私が価格.comに年間契約の広告を発注した時には

 

メチャクチャ喜んでくれたのを懐かしく思い

 

同時に、今はカカクコムは一部上場企業になり、メーカーからの信頼も勝ち取り

 

世の中に必要な存在になった、という事実に、当時の価格.com営業担当の

 

苦労を知っている私としては、自分の事のように嬉しくて泣けたkao21.gif

 

東証一部上場後のあのハッキング事件も生々しく記載されており

 

人事とは思えない気持ちで、一気に読み上げた。

 

やはり、伸びる企業って

 

働いている皆が、自分の会社の事が好きだし、自分の会社が提供しているサービスを

 

心から誇りに思っているんだなぁ~、と痛感した。

 

経営者として、社員を大事にし、サイトを利用する消費者を大事にする姿勢に

 

深く同感した。

 

ホント、良い会社だ!カカクコム。。。。。

 

弊社も世の中に必要とされるサービスを創っていこう!

 

とこの本を読んで強く再認識しました。

 

 

 

 

 

投稿者:鈴木 : 2008年3月 7日 02:17 :  トラックバック

強力な新戦力の加入が決まる!

カテゴリー:ビジョナリー

4月1日から強力な新戦力が弊社に参画する事に決まったup.gif

 

彼に関しては以前から、

 

1、仕事に対しての取り組み方の素晴らしさ

 

2、性格の良さ

 

3、能力の高さ(システム熟知力、制作ディレクション能力、交渉力、すべて◎)

 

などをしばしば目のあたりにし、

 

「彼みたいな人がコミクスに入ってくれたら良いのになぁ~」heart02.gif

 

と幹部スタッフの面々と話していた程の男である。

 

その彼から

 

「コミクスで一緒に仕事をしたい」

 

との申し出があったのだbikkuri01.gifkao-a01.gif

 

弊社のKが裏で調整してくれたようだ!Kありがとう♪te01.gifkao-a01.gif

 

そして、Y君、これから宜しくねhare.gif

 

コミクスのY君が新加入すると8名になるが、

 

今の会社規模にしては、贅沢過ぎるほどの

 

素晴らしい人材ばかりが集まってきている。

 

代表として皆に心から感謝したい。

 

みんな、これからも宜しくね。

 

「みんな、コミクスで歴史に足跡を残せるような質の高い仕事をしようね」kira01.gif

投稿者:鈴木 : 2008年3月 4日 22:48 :  トラックバック

弊社の強み

カテゴリー:ビジョナリー

弊社は、事業領域に

 

・PR事業

・広告代理事業

・タレントキャスティング事業

 

などがあるのでクライアントに提案する際にクライアントの商品やサービスを

 

真に求めている訴求対象者をクライアント側の目と消費者の目で徹底して

 

見るという事の大切さをしばしばスタッフの皆には話して啓蒙している。

 

初動でメインターゲットとコンタクトポイントの抽出を間違えると

 

全ての提案がズレテくる。

 

逆に、初動でメインターゲットのプロファイリングとそのメインターゲットのコンタクトポイントを

 

顕在化できると、既存メディアや、場合によっては新たにメディアとなるツールを作ったり

 

メディア化したりする事により、従来の広告手法でいうメディアミックスではなく、

 

真の意味のクロスメディアが実現し、クライアント満足度が高まっている。

 

クライアントの商品(サービス)を良く見て、その商品の情報を伝えて貰いたがっている方々を

 

リアルに想像することで提案の方向性は見えてくると思う。

 

メディアフラットな考え方で、真にクライアントの満足度を高める提案を追求した結果、

 

諸々、革新的な試みがいくつか生まれてきているのは嬉しい限りである。

 

初動の際に注意するポイントとしては・・・・

 

・メインターゲットの行動を分析してコンタクトポイントを全て抽出できたか?

・コンタクトポイントがメディアになっていなければメディアクリエーションで新たなメディアを創出したか?

・それらすべてをメディア・ニュートラルに考えて、中心メディアを決めたか?

・消費者の導線や相乗効果を考えてクロスメディアに設計したか?

・商品(サービス)はAIDMAかAISASか。AISASならそういう全体設計をしたか?

・戦略PRは活用できるか?

・検索対策は必要か?必要ならSEO対策やリスティング広告を考えたか?

・口コミを起こしたか?消費者をパートナーにできたか?

・CGMを活用できたか?UCC(消費者制作コンテンツ)は活用できたか?

・ブランディットエンターテイメント的なプル型コンテンツは必要か?

 

といろいろチェックしつつ消費者を待ち伏せる事が重要であるとスタッフの面々と

 

しばしば笑いながら真剣に語り合い、出来る事は即実行することが

 

徐々にではあるが良い結果を生み出す原動力になっている気がする。

 

今後も消費者目線でクライアントに気づきと感動を与える仕事を提供していきたい。

投稿者:鈴木 : 2008年2月26日 02:52 :  トラックバック

2007年 「日本の広告費」発表の内容とシンクロする弊社案件動向・・・

カテゴリー:ビジョナリー

2007年「日本の広告費」発表

 

のリリース記事を見ながら、肌感覚で納得した。

 

最近、展示会絡みのタレントキャスティング依頼

 

とか

 

販促領域での同封・同梱広告の依頼

 

とか

 

モバイル広告の依頼

 

とか

 

ニッチな雑誌掲載の依頼

 

とか

 

SEO対策の依頼

 

などが増えている気がする。

 

ちょうど、今回の発表の以下の部分とシンクロするような気がする。

 

以下、記事の一部を抜粋

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
4媒体以外は好調で、「フリーペーパー・フリーマガジン」や
「展示・映像他」「DM」などの「プロモーションメディア広告費」は前年比101.9%の

2兆7,886億円で4年連続の増加となったほか、
「衛星メディア関連広告費」(同110.8%)も順調に伸び、
検索連動広告、モバイル広告を中心に拡大を続けた
「インターネット広告費」も前年比124.4%と大きく伸びている。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

弊社の強みは一度口座開設したクライアントとはほぼ全てが長期契約である点!

 

逆に、課題は、まだまだクライアントの総件数が少ない点!

 

である。

 

ただし、取引が発生したクライアントの満足度を最大化させ、

「コミクスさんと取引して本当に良かった」

 

と言われる機会が増えているのは本当に嬉しい。

 

まだまだ、課題は山積みで目指している3年後のビジョンからはかけ離れている現実が

 

あるが、一歩一歩、確実に前進している事を強く実感する今日この頃である。

 

コミクス社員のみんな、本当にありがとう(*^。^*)

 

・朝からウケないダジャレばかり言ったり・・・・

・半ば強引にハイレベルな仕事を引き受け、無茶振りしたり・・・・

・妻に頭が上がらなかったり・・・・

・子供のお遊戯会で号泣したり・・・・

 

未熟な代表ですが、これからも宜しくね(*^^)v

 

最近、いろんな事に感謝する機会が増えてきているなぁ~(*^_^*)

 

3年後のビジョン達成のために・・・

 

公私共に垂直上昇させようね♪

 

あぁ、やばい(-_-;) 早く寝なければ・・・・ 

 

お休みなさい。 

投稿者:鈴木 : 2008年2月21日 02:01 :  トラックバック

自社ドメインのブログに変えました!

カテゴリー:ビジョナリー

既にお気付きの方もいるとは思いますが、メインのブログを自社ドメインのオリジナルのブログに変えました。

 

理由は以下の通り

 

1、会社の代表として自社ドメインのブログにした方が取引先に対する信用度が高い。

 

2、会社HPとの相互リンクによるSEO対策として自社ドメインの方が自由度と拡張性が高い。

 

今の悩みとしては以下の通り

 

1、管理画面の使い方をまだ熟知していないので使い辛い。

 

2、固定読者が一時的に減る恐れがある。

 

など・・・・

 

まぁ、どちらにしても決めて変化させたので前進あるのみですが・・・・・

投稿者:鈴木 : 2008年2月14日 00:28 :  トラックバック

一期一会を大切に!

カテゴリー:ビジョナリー

訳あって年末からエン・ジャパンの求人サイトを活用し

中途採用の募集をしております。


正直、応募は先方の担当者が平均30名程度と言っていた人数を

大幅に上回り、既に100名近くありますが、

そもそも弊社の人材採用基準が高すぎるのか?

弊社の希望にマッチングする方となかなか巡り合えず

20名程度の面接が終了しました。

「そもそも通常の求人は向いていないのかなぁ~」

と思っていた矢先、最後に来られた方が

弊社が望んで気いる人間性とスキルのある方でした(*^。^*)

その方はある上場企業の広報担当者ですが、非常に上昇思考で

こちらからの支離滅裂な質問攻勢にも的確に解答し

率直なところ、私の印象は凄く良かったです。

本人には個別にメールで、その旨、送付し採用の通知済みです。

良い縁に感謝です!

その後、前職の部下であるK君と食事をしました。

彼も私が前職時代から惚れ込んでいる人物であり、

約5か月ぶりの再会でしたが、相変わらずナイスガイでした。

いつになるかは彼の人生設計もあるので未確定ですが、

絶対に人生の中でもう一度、一緒に仕事をしたい人間の一人です。

K君、ぜひ、今日、私が話した事を真剣に検討頂けましたら幸いです。

以上 私的なメールで恐縮ですが備忘録方々記載まで

PS:おやすみなさい!

 

 

投稿者:鈴木 : 2008年1月23日 01:29 :  トラックバック

充実の1日

カテゴリー:ビジョナリー

今日は充実の1日だった。

提案メール23件、

企画書作成4件、

諸々の業務対応14件、

重要な施策の決定2件、

電話対応14件

を卒なくこなした(*^。^*)

私も人間なので日によって仕事が驚異的に進む日と

なかなか思うように進まない日があるが、

今日は思うように目覚ましく仕事が進んだ日だった♪

明日以降の化学反応が楽しみだなぁ~

 

 

投稿者:鈴木 : 2008年1月22日 01:31 :  トラックバック

2008年コミクスCEOとしての誓い!

カテゴリー:ビジョナリー

『2008年コミクスCEOとしての誓い』

を備忘録方々記載します。

1、作業は自分では極力しない。できる限り他の方に協力して貰う。(役割分担)

2、自分は売上を上げる仕組みを創る事(稼ぐ仕組みを創る事)に集中する。

3、社員満足度の向上は経営者(CEO)の最重要課題である。

ex)

・相手の立場を理解したコミュニケーションを実現する。

4、3ヶ月後、6ヶ月後を想定し、CEOとして最善の策を具体的に打つ。

ex)

・理想を実現するブレイクスルーの方法論を考え抜き、実行する
・想定外の事態にも迅速に対応できるように、あらかじめシナリオを考え尽くす。

5、絶対に問題(課題)を先送りにしない。(即改善、即対応)

6、必ず6時間以上、毎日睡眠を取る。(24時までに仕事は終了する!)

7、自分が瞑想したり、勉強したり、本を読んだりする時間を必ず作る。
  
ex)

・なぜなぜ思考(「なぜ」を繰り返し問い続け、表層的な原因分析を超えて問題の本質を見出す)
・物事は中長期の視野で考え前向きに検討する。(同業他社の成功事例を元に思い切って行動する)

8、他責NG(あらゆる問題を他者、環境、時間などの制約条件にせず、
  自分の問題として捉える。)

9、心から尊敬できる人材(人財)しか採用しない。

10、嘘をつかない。正直に!誠実に!

ex)

・信頼するスタッフには必ず現状を含めて情報を公開する。
・絶対にカッとなってスタッフを怒らない。
・短絡的に数字を上げろとはばかり言わずにスタッフが困っている問題のヒアリングと改善策の指示に徹する。(改善方法の指示とその実行の補助)


以上 自分への戒め方々、記載しました。

 

投稿者:鈴木 : 2008年1月17日 00:30 :  トラックバック

未来を予見する嬉しい兆候

カテゴリー:ビジョナリー

SEO市場が順調に伸びているらしい。

同調査によると・・・・


国内SEO市場規模は06年の79億7000万円から07年は前年比25%増の99億6000万円に拡大したと試算している。要因については、大企業や中小企業を問わず企業の間でSEOが効果のあるマーケティング手法として認知されてきたためと分析している・・・以下続く

弊社でもSEO×PR絡みでの受注は順調に増えているので
肌感覚でも実感したため上記記事はその裏付けとなった。

理想を実現するブレイクスルーの方法論を考え抜き、実行した結果、

PR+タレントキャスティング+CGM、

とか

PR+SEO+PPC+LPO

とか

PR+テレビCM+折り込みチラシ+CGM

とか

PR+タレントキャスティング+イベント+アフィリエイト

など

弊社ならではの独創的、且つ、長期的案件が

複数発生してきているのは嬉しい限りである。

参考)弊社事業領域図はこちら↓↓↓
コミクス事業領域図

今後も、なぜなぜ思考(「なぜ」を繰り返し問い続け、
表層的な原因分析を超えて問題の本質を見出す)

を追求し、世の中に価値あるソリューションや仕組みを

生み出していきたい。

 

投稿者:鈴木 : 2008年1月16日 03:53 :  トラックバック

勇気ある決断

カテゴリー:ビジョナリー

人間的にも仕事の能力的にも素晴らしい大好きな方がいる。

正直なところ、コミクスを起業する半年程前から

弊社の立ち上げメンバーとしての参画を打診していた方である。

その方が新たな一歩を踏み出すらしい。

おそらくご自分で起業されるのだろう(*^。^*)

その挨拶のメールで感銘を受けた言葉を紹介します。

=========================
平成20年1月14日

"できるできないでなく、

       やるかやらないかで
                   
                次は、世界を変えます!"

皆様に感謝感謝です! 

=========================

今週の木曜日の夜に、その方と食事をする予定・・・(*^_^*)

彼曰く、「鈴木さんに一番影響されて今回の決断をしたので

今後色々相談したい」との事。

おそらく半分はお世辞ではあるが、半分は本音だろう。

正直、今の恵まれたポジションを捨てて自らリスクを背負って

起業をしようとするという決断は、私の半年前の決断と同様であり、

理屈抜きで応援したい!と心から思っているし、

是非、上手くいってほしい!

今からその日が楽しみである♪

 

 

投稿者:鈴木 : 2008年1月16日 03:21 :  トラックバック

今年1年を振り返って・・・・

カテゴリー:ビジョナリー

2007年を振り返ってみると一般的には

夏の異常気象(特に8月は暑かったなぁ~)で
何人もの方が熱中症になったり

とか

老舗の相次ぐ食品偽装問題

とか

自民党の安倍総裁が急に辞任されたり

とか

能登半島で大地震が起こったり

とか

とにかく暗いニュースが多かった気がします。


逆にスポーツ界は

松坂大輔のワールドシリーズ優勝

とか

谷亮子の金メダル

とか


気持ちを明るくさせてくれるニュースも多かったし

石川遼、上田桃子などのニューヒーローも誕生したし

大いに盛り上がった1年であったと思いました。

私はと言えば、2007年の春に新たな道を進むと心の中で決意し

2007年8月15日にアイブリッジの代表取締役社長を退任し

2007年9月末にアイブリッジの役員も辞任し

2007年9月6日に新会社コミクスを法人登記し

10月1日からコミクスの営業活動を開始しました。

その後の3ヶ月間は長いようで短かった、というのが本音です。

起業当初は、

「あの立場を捨てるなんて信じられない」

とか

「無謀すぎる」

とか

「なんとなく気持ちはわかります!応援します」

とか

色んなお言葉を頂戴した。


2007年10月の1ヶ月間、一人でガムシャラに営業活動に専念し

10月1ヶ月で100件以上の商談をこなし、

1ヶ月間の営業活動で5000万円を超える受注を頂戴しました。

順調な滑り出しでした。



11月はスタッフも3名入り、会社らしくなってきた。

しかし、人数が増えたにも関わらず、営業効率は悪くなり

11月が受注金額は1500万円程度に落ち込んだ。



そして12月の営業活動が一昨日終わった。

12月は受注金額が100万円を下回った。

かなり濃い見込みは11件で1億3000万円程度が新たに出来たが・・・・


振り返ってみると10月は直案件ばかりだったので

最初の提案からクロージングをかけて2回目の詳細提案、

そして最終決定までスムーズに進んだが、11月、12月は

代理店の方々との同行営業が中心だったので

件数はそれなりに回ったが、2回目、3回目の詰めが甘くなり(遅くなり)

結果に至っていないと反省している。

来年は、この反省を踏まえて直営業を強化しようと思っている。


同時にクライアントとの商談の中から顕在化した2つのニーズを

基にした新商品の開発を年始に実行し、コミクス独自商品のラインナップを

増やそうと心から思った。


ある先輩経営者が独立する時に私に言った言葉・・・

「事業家は毎日が勝負!上場を果たしてからでも枕を高くして

寝た日はほんとど無い」


今、この言葉が心に沁みてます。



年始からは毎日が勝負です。

決して怯まず・・・

決して驕らず・・・

決して怒らず・・・

広い視野で深く考え、決断はできる限り即決で

目の前の課題に対し迅速に対応します。

来年の2月には必ず社内公言している目標をクリアします。

そして2008年8月のコミクスの決算月に当初の目標を

達成させ、コミクスのスタッフ全員を海外旅行に招待する!と

いう公約を必ず実現させたいです。

スタッフの皆様、協力会社の皆様、クライアントの皆様、など

関係各位の皆様、本年は諸々ありがとうございました。

来年もコミクス飛躍の年にしたい!と心から思ってますので

変わらぬご支援宜しくお願いします。

投稿者:鈴木 : 2007年12月30日 20:41 :  トラックバック

ページトップへ戻る