プロフィール

株式会社コミクス 代表取締役兼CEO 鈴木章裕

2007年9月末にアイブリッジ グループの代表という 立場を捨てて0から新会社(コミクス)を立ち上げました。

▼株式会社コミクス http://www.comix.co.jp/

コミクスのビジョンとミッションは以下の通りです。

vision
インターネットを中心に、4マス媒体を活用することで、企業のブランド価値向上と販売促進を実現する、世界で唯一のクロスメディアエージェンシとなる。

Mission1
AD、PR、IT、ネットプロモーションナレッジ、タレントキャスティングによって、企業に対するコミュニケーション革命を推進する。

Mission2
一般人から著名人までが参加する国内No.1のCGMを創出し、人々の智恵・知識・楽しみを共有できる仕組みを作る。

3児のパパでもあります。

東京と大阪を往復する生活を始めて7年が過ぎました。
私の紹介や諸々の日々の思いを
ブログで記載しよう!
と思ってます。
皆様、今後とも宜しくお願いします。

カテゴリー

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

会社/サービス紹介

iMEDIA Brand Summit JAPAN 2014に参加して。。。。

カテゴリー:ビジョナリー

 2014年5月19日~5月21日の3日間、


iMEDIA Brand Summit JAPAN 2014


に参加させて頂きました。


その際に心に強く誓い、参加者だけの


Facebook非公開グループに投稿した内容を


一部編集し公開させて頂きます。


_______________________________


株式会社GeeeNは2013年9月4日に創業し、

まだ9ヶ月目の何のブランドもない会社です。


ご存知の方も多いですが、

私はデジタルマーケティングエージェンシーである

株式会社コミクスの代表取締役社長も

兼任しております。


株式会社コミクスは今期で7期目の

デジタルマーケティングエージェンシーであり、

規模は小さいながらも堅実に成長している会社です。


最初に私がiMedia Brand Summitに参加したのは

2年前の第2回目の和歌山でした。


2年前は株式会社コミクスの代表取締役社長として

参加されて頂きました。


その時に、日本初の世界的なアドテクノロジー企業の必要性を痛感し、

その年の夏に、インドで開催されたiMEDIA Brand Summit in goaに

参加したら日本人は当時、日本コカ・コーラにいた

江端さんと私の2人だけでした。


ぶっちゃけ私は英語が苦手なので、気合いと根性だけで参加しましたが、

インドの方々に大変親切にして頂いたのを鮮明に覚えております。


私は学生時代、ダンス甲子園に出場した経験があり、

ダンスだけで最終日にインドの方々と仲良くなれました。


ぶっちゃけ仕事には繋がっておりませんが、

数人の現地の経営者とは今もメールや

Facebookでやりとりする仲間になれました。


そして、当時の湧き上がる熱い想いを実現すべく、

2012年10月から完全フルスクラッチの

自社開発のDSPの開発を始めました。


あれから1年半、何度も挫折しそうになりながらも、

日本初の世界的なアドテクノロジーサービスを創る事を夢見て、

歯を食いしばって開発し続け、完全自社開発のDSPである

Web CUBE DSPをローンチする事ができました。


▼Web CUBE DSP
https://dsp.web-cube.info


ちなみに、私は物作りが大好きです。

株式会社コミクスを立ち上げる前は、2000年から2007年まで

フルーツメールというオプトインメールを展開する

IT企業の代表でした。


2001年〜2002年はリスティング広告もまだ無く、

オプトさんやサイバーエージェントさんやセプテーニさんの

年商の10〜 20%はフルーツメールの売上でした。


フルーツメールを運営していたアイブリッジ株式会社時代は

フルーツメールの会員数を増やす為に、

毎月2,000万円〜3,000万円程度のネット広告費を

オプト、サイバーエージェント、セプテーニ経由で

6年間使い続けました。

BSフジに提供番組も持った事もあります。


私の夢は30年以内に世界で最も利用されている

統合型アドブラットホームを提供し、

人類のコミュニケーション領域の発展に貢献する事です。


私はコミクスを創業した際に、世の中のあらゆる広告、

PR露出を独自のアルゴリズムで点数化するシステムを

肝いりで構築しましたがちょっと先鋭すぎてほとんど売れず、

2,500万円の損失を出しました。


弊社グループは、2008年にアクセス解析ツールである

Web CUBEを開発し、ローンチしました。


翌年、Web CUBE の英語版をローンチし、

マイクロアドのインドネシア法人に

OEM提供を開始しました。


矢継ぎ早に、2009年EFOツールであるEFO CUBEを開発し、

ローンチしました。EFO CUBEは現在100社以上の

企業様の会員獲得フォームや申込みフォーム、

ECサイトの購入フォームに導入され、

日々利用されているツールに成長しております。


ソーシャル領域はFacebookとTwitterの一元統合&運用管理ツールである

SNS Managerを開発しローンチしました。有償提供企業数はまだまだ

少ないので課題はたくさんありますが、無償提供の実績を合わせると

導入実績企業数は150社を超えております。


今回、iMEDIA Brand Summit に2年ぶりに参加し、


「来年はWeb CUBE DSPの事例を多数蓄積し、

自分がプレゼンする側になる!」


と強く決心しました!


今後は、自分自身が海外の

iMEDIA Brand Summitに積極的に参加し、

海外のiMEDIA Brand Summit参加者に

日本のブランドサミットの素晴らしさを

ドンドン啓蒙します。


有難うございました!感謝☆彡

来年バージョンアップし参加します。

_____________________


正直言って、2つの会社を経営していると、

私が経営者として未熟であるがゆえに、

しばしば憂鬱な事案が発生し、その度に

焦りや不安、憤りを感じてしまいます。


しかし、それ以上に、

沢山の素晴らしい仲間と一緒に、

困難で一筋縄には決して進めない

アドテクノロジーという事業領域で、

着実に一歩一歩前進している

事実に対し、やり甲斐と喜びに

満ち溢れた日々を

過ごせている事に対し、

感謝しております。


最終責任の発生しない方々は

好きな事を私に言ってきます。


たとえば


「DSPは莫大な投資コストがかかる事業だし、

海外勢も含めて競合他社が強力なので

この寺領領域には踏み込まない方が良い」


とか


「ツール事業なんて客単価が非常に小額なので

今、コミクスの方で主力事業となっている

リスティング広告運用だけに注力した方が良い」


とか


いろいろ言ってきます。


おそらく彼らは彼らなりに心から私の事を

心配して助言してくれているのだと思います。


しかし、今だけ見ていてなにも変革させなければ

未来は先細りしかない、と私は確信しております。


過去の歴史を見ても、世の中を変えてきた人は

周りの反対がどれだけあっても、確固たる信念と

高い志を持って、自分が信じた道を極め続けた

人です。現状維持から成長など有り得ません。


自分が死ぬまで諦めなければ

最後は成功する!と信じて、

コツコツ歩を進めていきます。


※未来は自分の心持ちと行動でいくらでも変える事ができる!


鈴木章裕

投稿者:鈴木  2014年6月 3日 21:45

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.comix.co.jp/bizmt/mt-tb.cgi/682

ページトップへ戻る