プロフィール

株式会社コミクス 代表取締役兼CEO 鈴木章裕

2007年9月末にアイブリッジ グループの代表という 立場を捨てて0から新会社(コミクス)を立ち上げました。

▼株式会社コミクス http://www.comix.co.jp/

コミクスのビジョンとミッションは以下の通りです。

vision
インターネットを中心に、4マス媒体を活用することで、企業のブランド価値向上と販売促進を実現する、世界で唯一のクロスメディアエージェンシとなる。

Mission1
AD、PR、IT、ネットプロモーションナレッジ、タレントキャスティングによって、企業に対するコミュニケーション革命を推進する。

Mission2
一般人から著名人までが参加する国内No.1のCGMを創出し、人々の智恵・知識・楽しみを共有できる仕組みを作る。

3児のパパでもあります。

東京と大阪を往復する生活を始めて7年が過ぎました。
私の紹介や諸々の日々の思いを
ブログで記載しよう!
と思ってます。
皆様、今後とも宜しくお願いします。

カテゴリー

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

会社/サービス紹介

初フルマラソンから学んだ事、決意した事

カテゴリー:日記

4月15日(日)、かすみがうらマラソンに参加しました。

 

何とか完走は出来ましたが、

結果は惨憺たるものでした(>_<)

 

6か月前から準備を開始し、1月以降は、

毎月150kmを走り込み、万全の態勢で

挑んだつもりでしたが甘かったです。

 

練習では、1回10kmしか走りません。今までの

最高の練習距離は23kmでした。

10kmの最速タイムは47分17秒。

 

要は23km以降は未体験で挑んだフルマラソンでした。

それなのに、最初の10kmを48分台走り、次の10kmも

18km時点で転倒したのにも関わらず、

51分台で走ってしまった。

 

要は明らかなオーバーペースでした。

 

だから15kmを超えた辺りから脚がふらつきだし、

その結果、18kmで転倒し、右足を負傷したのだ!

と客観的に分析して想うところです。

 

転倒し負傷後は、根性だけで脚を引きづりながら

歩くようなゆっくりしたスピードで泥のように

走り切った、というのが率直な感想です。

 

正直言って、転倒後は右膝が痛くて

「何度もリタイアしたい!」と思いましたが、

会社経営者として、途中リタイアなどしたら、

スタッフの皆さんや家族に合わせる顔が無いし、

カッコ悪すぎる。だから、「途中リタイアだけは

絶対にしない!」と最初から心に決めていた。

だから、意地と根性だけで完走した、という

のが率直なところです。

 

このフルマラソンの完走により、

 

「絶対に諦めない事の大切さ」

 

を学べました。

 

必死に右足を引きづりながら無様な格好で

ゴールした瞬間、一人泣きしました。

 

今回、一緒に参加した人もおらず、ただ一人の

挑戦たったので、正直、転倒後の20kmは孤独で

苦しい一人旅でした。

 

ただ、基本的にペースを意図的に落として、ゆっくり走るのは

性に合わないし、大嫌いなので、もし、仮にまた、

フルマラソンを走る事になったとすれば、本番前に、

1日に40km走る練習を最低でも3回は行い、

42.195kmを10kmのベストラップ程度の

平均ラップで走れるような訓練を積んだ上で挑もう!

 

と心に誓いました。

 

※ただ、この場合、現実的には、かなり本格的に走り込まない

 といけなくなり、時間的な制約上、現状の私の社会的な立場

 ではそこまでの時間は作れない、と判断し、基本的には

 現在の体力の範囲内となるハーツマラソンを中心に

 3か月に1回程度の頻度で、実践を走る事に決めました。

 

そして。。。。

 

5月27日(日)開催予定の

第25回麒麟獅子マラソン ハーフ(21.0975km)

 

 

2012年8月26日(日)開催予定の

第33回兵庫神鍋高原マラソン全国大会

ハーフの部(21.0975km)

 

に正式エントリーしました。

 

5月27日(日)のハーフマラソンの目標タイムは

2時間以内です。

 

8月26日(日)のハーフマラソンの目標タイムは

1時間50分以内です。

 

※マラソン好きな方、是非、一緒に走りませんか?

 

 

自分への備忘録方々記載まで

投稿者:鈴木 : 2012年4月21日 02:55 :  トラックバック

ページトップへ戻る