プロフィール

株式会社コミクス 代表取締役兼CEO 鈴木章裕

2007年9月末にアイブリッジ グループの代表という 立場を捨てて0から新会社(コミクス)を立ち上げました。

▼株式会社コミクス http://www.comix.co.jp/

コミクスのビジョンとミッションは以下の通りです。

vision
インターネットを中心に、4マス媒体を活用することで、企業のブランド価値向上と販売促進を実現する、世界で唯一のクロスメディアエージェンシとなる。

Mission1
AD、PR、IT、ネットプロモーションナレッジ、タレントキャスティングによって、企業に対するコミュニケーション革命を推進する。

Mission2
一般人から著名人までが参加する国内No.1のCGMを創出し、人々の智恵・知識・楽しみを共有できる仕組みを作る。

3児のパパでもあります。

東京と大阪を往復する生活を始めて7年が過ぎました。
私の紹介や諸々の日々の思いを
ブログで記載しよう!
と思ってます。
皆様、今後とも宜しくお願いします。

カテゴリー

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

会社/サービス紹介

会話の大切さ

カテゴリー:仕事

営業成績の悪い営業マン(AE)と営業成績の良い営業マン(AE)との違いって

 

一言で言って何だと思いますか?

 

私はズバリ、ヒアリング能力だ!と思います。

 

営業成績の悪いAEさんは、会話をせずに説明ばかりしている気がする。

 

できるビジネスマンに対する間違った認識から

商品説明を上手くする事に注力し過ぎて、クライアントの担当者と

会話をしようとしない。

 

その結果、自分では「言いたいことを説明しきった!」と満足しているが、

相手の購買意欲を喚起していない自己満足提案に陥っているため、

総じて結果が付いてこない。

 

それに対して、できる営業マンは、相手の話を聞くことに

非常に神経を使っているし、相手と会話をする事の重要性を理解しているので

説明員にはならず、相手と会話をしながら、相手の意向を上手く引き出していく。

 

営業の極意を1つだけあげるとすれば、

 

「クライアントが何を望んでいるのか?」を明確に理解する力を鍛える。

 

ということに尽きる気がする。

 

クライアントの望みが分かったら、それを解決する手段を提案する!

 

というごく単純なプロセスに集中すれば良いだけ。。。。

 

この真理に気付いている人は総じて、朗らかでクライアントの印象も良く、

非常に売れる営業マンであるケースが多い。

 

陥りがちなパターンとして、

 

変にエリート意識が強いため、相手に協調&共感しようとせず、自分の持論ばかりを

押しつけて嫌われている人、

 

とか

 

自分が日頃から全く勉強していないので、相手の言うことに対し、何でも

Yes、Yesばかり言って、薄っぺらい同意をし過ぎて不信がられている人

 

とか

 

自分の身の身の丈以上に虚勢を張って、自社(自分)を大きく見せようとしてしまい、

相手の信頼を失っている人

 

など存在すると思いますが、そんな方を見るたびに思うことが1つある。

 

それは。。。。

 

「自然体が一番ラクだし、信頼されるのに。。。」

 

ということである。

 

弊社は、その意味で社内での会話を非常に重要視している。

 

日々の仕事の話題(悩み、成功例、失敗例)、

好きなテレビの話題、

過去に恥ずかしかった失態、

自分の好みのタレント、

今ハマっているゲーム、

ニュースネタからの討論、

自分の好きな映画や音楽、

 

などなど何でも話して、笑ったり、真剣に話したり、怒ったり、みんなが感情を

素直に出せる環境を作るようにしている。

 

誕生日には必ずケーキとシャンパンで乾杯し、その人を祝ったり、

 

間違ったことをした人には思いっきり叱咤激励したり、

 

凄い努力をした人には、心から賞賛したり、

 

何でもお互いに言い合える環境を創っている。

 

だから毎日が非常に楽しいし、いつもワクワクしている♪

 

何の気ない会話の中で凄いアイデアが生まれたりすることもしばしば。。。

 

ここが重要ですが、アイデアが生まれたら、まず実行し、何か具体的に

動いてみる。結果が悪かったら即退散。良かったら継続&拡大発展

といった具合に臨機応変に変化を楽しんでいる。

 

だから毎日が楽しいと心から思う今日この頃です。

 

会話って本当に大事ですよね。

 

 

投稿者:鈴木 : 2009年10月 1日 02:04 :  トラックバック

ページトップへ戻る