プロフィール

株式会社コミクス 代表取締役兼CEO 鈴木章裕

2007年9月末にアイブリッジ グループの代表という 立場を捨てて0から新会社(コミクス)を立ち上げました。

▼株式会社コミクス http://www.comix.co.jp/

コミクスのビジョンとミッションは以下の通りです。

vision
インターネットを中心に、4マス媒体を活用することで、企業のブランド価値向上と販売促進を実現する、世界で唯一のクロスメディアエージェンシとなる。

Mission1
AD、PR、IT、ネットプロモーションナレッジ、タレントキャスティングによって、企業に対するコミュニケーション革命を推進する。

Mission2
一般人から著名人までが参加する国内No.1のCGMを創出し、人々の智恵・知識・楽しみを共有できる仕組みを作る。

3児のパパでもあります。

東京と大阪を往復する生活を始めて7年が過ぎました。
私の紹介や諸々の日々の思いを
ブログで記載しよう!
と思ってます。
皆様、今後とも宜しくお願いします。

カテゴリー

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

会社/サービス紹介

SEOか?検索連動型広告か?の質問は愚問!

カテゴリー:仕事

弊社では、クライアントの担当者から、しばしば、まずは、SEOか?検索連動型広告か?

どちらから始めれば良いですか?

 

と質問されることがしばしばある。

 

その際、弊社では以下のように答えている。

 

「その質問は愚問です。SEOは企業で言うなら広報費、検索連動型広告は販促費のような物なので

どちらも適切に施策し、両輪を回し続ける事により、企業の利益は最大化するので、どちらか?という

選択肢はありません」

 

と答えている。

 

ただ、業種や商品により、どちらの方がより結果が早期に見込めるか?

という傾向地はある事も同時に説明している。

 

たとえば、クライアントが健康食品メーカーの場合、商品名キーワードや

商品ジャンルキーワードや成分キーワードなどのスモールワードの

掛け合わせによりコンバージョンする事が非常に多く、購入者も

比較的ネットリテラシーの低い方は購入しているケースが多い。

 

その場合、明らかに検索連動型広告でスモールキーワードを

できる限り多く上位入札するのが早く収益拡大につながります。

 

逆に、会計ソフトなどのBtoB商材の場合、ネットリテラシーが高く

検索するキーワードもビックキーワードからの流入が多いので

SEO対策が向いている。

 

システム利便性が高いプロ仕様のスペックを持っているFX会社の場合、

FX+通貨orスプレッドorレバレッジなどの複合でのSEO(ロングテールSEO)

が経験上、最も早く結果を残しやすい。

 

そのキーワードでSEO対策を実施すれば良いのか?わからない企業に対しては、

弊社が独自開発したSEO分析ツールの導入、及び、検索連動型広告の

実施をまずご案内し、そのデータをもとにSEO対策のキーワード選定を行うこと

を提案している。

 

SEOと検索連動型広告のかける比重に対しては、企業のポジショニング・

求めている未来の姿、商品特性、市場性などを複合的に加味し、企業毎に

個別に最適なバランスでご提案する事が極めて重要である。

 

さらに言うと、サイト解析(各ページの滞在時間、経路分析、間接効果など)のデータも

同時に蓄積し、課題を抽出し次の施策に生かす事!

 

これも非常に重要である。

 

結局、ウェブサイトも人間と同じで、内面と外面を磨く事により

レベルアップが図れるのは共通の真理であると痛感する今日この頃です。

 

投稿者:鈴木 : 2009年5月27日 01:29 :  トラックバック

ページトップへ戻る