プロフィール

株式会社コミクス 代表取締役兼CEO 鈴木章裕

2007年9月末にアイブリッジ グループの代表という 立場を捨てて0から新会社(コミクス)を立ち上げました。

▼株式会社コミクス http://www.comix.co.jp/

コミクスのビジョンとミッションは以下の通りです。

vision
インターネットを中心に、4マス媒体を活用することで、企業のブランド価値向上と販売促進を実現する、世界で唯一のクロスメディアエージェンシとなる。

Mission1
AD、PR、IT、ネットプロモーションナレッジ、タレントキャスティングによって、企業に対するコミュニケーション革命を推進する。

Mission2
一般人から著名人までが参加する国内No.1のCGMを創出し、人々の智恵・知識・楽しみを共有できる仕組みを作る。

3児のパパでもあります。

東京と大阪を往復する生活を始めて7年が過ぎました。
私の紹介や諸々の日々の思いを
ブログで記載しよう!
と思ってます。
皆様、今後とも宜しくお願いします。

カテゴリー

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

会社/サービス紹介

ブログPRに対する間違った認識。。。

カテゴリー:仕事

弊社はPR事業とキャスティング事業を展開しているので、頻繁に顧客である企業の担当者から

以下のような依頼を頂戴する。

 

「このたび、弊社で新商品を発売したのでブログでアクセス数があり訴求対象である

F1層に影響力のあるタレントの○○さんにブログで自社の商品を紹介して貰いたい」

 

その際、弊社では次の事を必ず言うように徹底している。

 

「貴社の商品がどれほど優れているのか?正直、弊社は知らないが、

ブログで1回くらい、芸能人が紹介したからと言って期待するような効果は出ません」

 

「芸能人の方もやらせは嫌がるので、実際に商品を提供頂き

気に入った場合のみ、紹介するというスタンスであれば交渉します」

 

「さらに言うと、ブログPRはマスPRやマスプロモーションの隙間を埋める

潤滑油みたいな物で、マスPRやマスプロモーションを併用して初めて

プログPRも生きてくるので、プログPRのみで実施するのはお奨めできない」

 

まず、クライアントの担当が間違っている認識(勘違い)している事として

 

1、ブロガーを記者と同じような感覚で捕えている。

2、ブロガーの発言を制限できる。

3、ネットの口コミだけで大勢に伝播する。

 

などがある。

 

弊社ではブログPRを以下のように説明するように心がけている。

 

1、ブログPRを期待し過ぎては駄目

2、メディアとしてではなくツールとして活用しましょう

3、ブログはマスメディアを補完する物と認識しましょう

 

その上で以下のメリットを啓蒙しマスPRやマスプロモーションと

併用したブログPRを提供しております。

 

1、利用者であるブログ執筆者が直接、商品・サービスを紹介する

2、利用者の本音を収集できる

3、企業が直接、情報を発信できる

 

効果的な商品PRや商品プロモーションでお悩みの方、

または、過去にプログPRで失敗した方などは

是非、弊社までお問い合わせください。

 

本当の意味でのマスPR+マスプロモーション+ブログPRの

活用法をアドバイス致しますので。。。。

 

投稿者:鈴木 : 2009年4月29日 23:31 :  トラックバック

クライアントの立場で提案する事の重要性について

カテゴリー:仕事

今月は大型のプレゼン案件の連続だった!

 

提案金額1億円、提案金額3000万円、提案金額5000万円、提案金額7000万円など。。。。

 

どれも結果待ちの状況なので来月が楽しみ。。。kao-a01.gif

 

正直、世の中は不景気なニュースが多いが、弊社の場合、逆に景気の良い話が増えている気がするkira01.gifkao-a02.gif

 

ただし、お客様は好景気時に比べるとお金を使う行為に対して

より確実な成果を求める傾向は強くなっているのも事実。。。。

 

お客様はいつも真剣だ!

 

お客様のニーズを的確に捉える中で、従来の広告手法に閉塞感を感じている

お客様が増えている気がする。

 

最近、訪問した際、あるクライアント(お客様)の担当者が言っていた言葉を紹介します。

 

「いつもの取引している広告代理店からの提案は同じような提案ばかり。。。kao11.gif

ネット広告からネット広告だけ!SEO対策ならSEO対策だけ!テレビCMならテレビCMだけ!

ラジオCM企画ならラジオCM企画だけ!新聞広告なら新聞広告だけ!

雑誌広告なら雑誌広告だけ!看板提案なら看板提案だけ!

確かに彼らの得意分野はそうなのかもしれないが、

私たちが求めているのは、自分たちの事業をより早く拡大発展させるため

の包括的な提案なのに、自分たちの都合しか考えていない単一ジャンルの

メディア提案をする企業がほとんどなのは本当に不満だ。。。。以下省略」

 

クライアントはメディアに広告出稿する事を望んでいるわけではなく

広告やPRを複合的に活用することにより、自社の事業の収益を

伸ばしたい!という根本的な原理原則を忘れている広告代理店が

非常に増えている気がする。

 

たとえば、ある大手IT系広告代理店の営業マンが先日、クライアントに

言っていた一言には正直、面食らった!

 

「今月は弊社の決算月であり、目標売上まであと少しなので

この広告枠を実施して下さい」

 

おい!それはお前の会社の都合だろ!kao-a15.gif

たとえ、実際にそうだとしても言い方ってあるだろ!

クライアントに自社の都合を押し売りするなよ!

 

っと思わず突っ込んでしまう一言を平然と言っていた。

 

クライアントも苦笑い。。。。kao12.gif

 

あるテレビ局の広告営業担当の場合、今空き枠が一杯あるので

まとめて買ってもらえれば、これとこれとこれを付けます!

先日、弊社に逆提案してきた(-_-;)

半ば、バナナのたたき売り状態。。。kya-.gif

 

これは代理店である弊社にとってはありがたい仕入れ条件なのですが、

テレビ局側の経営幹部の立場で考えると、く販売に対する

知恵を全く使っていないので駄目だなぁ~

 

と思った。

 

何かクライアントが出したがるような広告企画とか、値引きではない

価値の提供をしたら良いのに。。。。

 

それに対し、弊社の場合、クライアント満足を最大化させる提案とそれを実行する為の

シビアな努力の継続により、弊社のクライアント数と取引金額は

今の景気の状況と反比例するが如く、伸びてきている。

 

弊社スタッフの頑張りとお客様に感謝!

 

最近、ある通販化粧品関連のクライアント様と興味深い話をしました。

 

「広告を出稿する目的は商品を売る事ではなく、商品を購入する見込み客獲得をする事なんですよね」

 

との事。。。

 

よくよく聞くと、見込客が年間を通じて何%商品購入に結びつき、その購入者が

年間を通じて自社の商品を何回リピート購入するのか?その1人あたりの年間

購入金額がCPO(一人あたりの購入者獲得にかかったコスト)を上回っている

事が重要なんですよね、とのこと。

 

この企業の商品自体に商品力があるのも事実ですが、いわゆるツーステップ

マーケティングを上手く体現されているなぁ~と感心するリピーター育成の

フォローの仕組みも色々教えて頂きました。

 

正直、かなり勉強になりました!

 

詳細はさすがに言えませんが、CPA、引上げ率、CPO、リピート率、購入単価、

年間購入単価、年間購入回数をすべて一元管理し、数値の変化(悪くなる傾向)が

あれば、その事実に対し、具体的に改善策を即講じる体制がある事に感銘しました!

 

Aさん、いろいろご教授頂きありがとうございます!

投稿者:鈴木 : 2009年4月29日 21:21 :  トラックバック

不景気でも好業績の企業の共通点って何?

カテゴリー:ビジョナリー

世の中、不景気なニュースが本当に多い。

 

しかし、そんな中でも好業績の企業もある。

 

吉野家

 

餃子の王将

 

ユニクロ

 

ベストブライダル

 

日本マクドナルド

 

任天堂

 

各社、付加価値の高い商品を類稀なる企業努力により消費者のライフスタイルの一部に

上手く組み込んでいるなぁ~ 

 

弊社の場合、販売対象先は個人ではなく主に企業なのでここで言う消費者は企業ということか!?

 

顧客ニーズを的確に捉え、過去に拘らず、ニーズに応じて臨機応変に変化し続けよう!

 

そうする事により顧客に必要とされる企業になり結果も自ずと付いてくるので。。。

 

以上 自分への備忘録方々記載まで

 

 

投稿者:鈴木 : 2009年4月15日 00:47 :  トラックバック

ページトップへ戻る