プロフィール

株式会社コミクス 代表取締役兼CEO 鈴木章裕

2007年9月末にアイブリッジ グループの代表という 立場を捨てて0から新会社(コミクス)を立ち上げました。

▼株式会社コミクス http://www.comix.co.jp/

コミクスのビジョンとミッションは以下の通りです。

vision
インターネットを中心に、4マス媒体を活用することで、企業のブランド価値向上と販売促進を実現する、世界で唯一のクロスメディアエージェンシとなる。

Mission1
AD、PR、IT、ネットプロモーションナレッジ、タレントキャスティングによって、企業に対するコミュニケーション革命を推進する。

Mission2
一般人から著名人までが参加する国内No.1のCGMを創出し、人々の智恵・知識・楽しみを共有できる仕組みを作る。

3児のパパでもあります。

東京と大阪を往復する生活を始めて7年が過ぎました。
私の紹介や諸々の日々の思いを
ブログで記載しよう!
と思ってます。
皆様、今後とも宜しくお願いします。

カテゴリー

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

会社/サービス紹介

SEO事業が伸びてます!

カテゴリー:仕事

弊社は事業の柱の1つにSEO事業がある。

 

以下のようなサイトも運営している。

 

SEOMIX

 

クライアントの要望に応じて様々な手法を用いてSEO対策を講じることに対し

クライアント満足度に応じて対価を得ている!

 

というのがザックリとした事業内容である。

 

当然、自社サイトのSEO対策もそれなりに講じている。

 

結果的に、創業当初と比較して1年が経過し、1か月の問い合わせ件数が

6か月前と比較して4倍程度に増えました(*^^)v

 

1週間に1~2件程度だった新規問い合わせ件数が先月は月間100件を超えました!

 

これも地道な日々の努力の賜物であると思っております。

 

昨日、SEOMIXサイト内に、以下の機能を追加しました。

 

キーワードアドバイスツール

 

 

SEO関連ニュース

が追加機能である。今後もユーザー利便性を追求し、質の高いサービスを提供し続けたい!

 

と心から思う今日この頃です。

 

投稿者:鈴木 : 2008年9月10日 02:57 :  トラックバック

天国の親父に贈る感謝の言葉

カテゴリー:家族

今日、9月4日は親父の誕生日である。

 

これを書くかどうか正直、凄く悩んだが、私の親父は2008年7月25日、他界しました。

 

これから書く文面は私から亡くなった親父へ贈る感謝の言葉です。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

幼い頃はいつも親父と一緒にお風呂に入っていましたね。

正直、親父とのお風呂はヘチマタオルなんかでゴシゴシ体を洗ってくるので恐怖でしたが楽しかったなぁ~。
 
情に厚く、お人好しな親父。。。
 
よくドライブに連れて行ってくれたね。なんとなく、覚えているのが、メチャ格好イイ
(銀色?)のスバル。スポーツカーみたいで子供心にワクワクした記憶があります。
 
小学生の時(3年生から~5年生?)の頃、毎年、夏に家族で行った海水浴旅行。

日本海の竹野でのキャンプも楽しかったなぁ~

 

私が中学に入ると、今の自宅を建てる際から隣の花屋さんと揉めていた長年の裁判の心労と同時に、親父が生涯の仕事として全うしていた鈴木洋服店の経営が悪化し、給料もロクに貰えず、母と育ち盛りの子供4人を食わせるために、40歳からの手習いで左官業をして家族を養ってくれた親父。
 
その後も鈴木洋服店の経営は悪化し続け、育ち盛りの子供4人と母を養うために、
その後10年間ほど、いろんな仕事をして家族を守ってくれた親父。
 
私が中学生~高校生だった頃は、親父が酒に溺れて母と喧嘩していたり、しばしば酔っ払ってロレツが回らない状態になっていたり、道路で倒れていたりしている姿を見るたびに親父に幻滅し、自分の親父がアルコール依存症である事を自分の友人や知人には決して知られたくないとも思い、親父の存在を恥ずかしく思っていました。
 
しかし、今は、私自身3人の子供を持つ父として、そして、8人の社員の生活を守る社長として、
当時の親父の立場になって考えてみると、酒に溺れてしまっても無理もない、と正直思います。
 
だって苦労の連続だったですもんね。そんな親父の苦しい立場も理解できなかった自分に
腹が立ちます。ホント、当時は、扶養家族の分際で、偉そうな能書きばかり言ってご免なさい。波瀾万丈の苦しい毎日だったのに、子供である私には、そんな事は微塵も感じさせず、何不自由なく生活させてくれた親父。


本当にありがとう!心から感謝しております。
 
私が大学に入ってからも、私は鈴木為三一家の中で一番のゴクツブシで、私立の高い学費の大学に進学し、
分不相応なスキーという、お金が無茶苦茶かかる道楽的な部活に所属し、自分の我ままを押し通し、
留年までしてしまったのに、何も言わず全て受け入れてくれた親父。

その後も、最初に入った某広告会社で、世間知らずな私は、某広告会社の社長の洗脳にも気付かず、借金を会社に強いられ続けながら、抜け出す根性がなく、ズルズル5年間も在籍し、5年目にやっとの思いで逃げるように会社を飛び出し、私が事実を親父とお袋に報告した時、私の言う事を直ぐに信じてくれた事。

某広告会社の社長が怖くて、逃亡生活をしていた時、兄貴と一緒にその会社の洗脳されていた社員からの家族への嫌がらせにもメゲズに戦ってくれた事。
 
あの辛い時期に助けてくれた事、一生忘れません。本当にありがとう!
 
その後、アイブリッジ株式会社に入り、必死に仕事をし、社員数107名の会社の社長にまで昇りつめて、7年半で年商30億1500万円の企業を1から創り、3年連続で確定申告の対象者になり、それなりに裕福な暮らしができる身分になったのに、2007年9月末にアイブリッジを退社し、翌日である2007年10月1日からコミクスを起業し、今も親父の心配の種になっている私。
 
思えば、私は親父にいつも心配のかけ通しでしたね。本当にゴメンナサイ。
 
約5年前に食道ガンになってから手術回数6回、入退院を繰り返しながらの壮絶な闘いに弱音一つ言わなかった親父。自分が親父と同じ立場だったら到底、耐えきれないなぁ~ とそのタフさに心から敬服しております。
 
親孝行らしい事は、ほとんど出来なかった駄目な息子ですが、親父の事を誰よりも尊敬しているし、
誰よりも大好きです。
 
親父 ありがとう! そして、誕生日おめでとう!


バカ息子より

投稿者:鈴木 : 2008年9月 4日 01:51 :  トラックバック

トレンドを創る!

カテゴリー:ビジョナリー

クワバラオハラのクワバタさんが劇的に痩せたダイエット法が大ヒットしている!

 

その名は、コアリズム。。。。

 

つい6ヶ月前に爆発的に流行ったビリーズブートキャンプの再来を彷彿させる。

 

実は、どちらも、株式会社オークローンマーケティングという名古屋の通販会社が

正規輸入元である事を知っている人は案外、少ないかも。。。。

 

彼らはエクサボディーという新ブランドを立ち上げて

 

「エクササイズしながら痩せる」という事を推奨している。

 

その共通展開として、必ず芸能人を活用しテレビを使って体験番組を流し、

トレンドを創っている。

 

おそらくテレビ番組の制作に強い企画会社&PR会社がブレーンとして

存在しているのだろう。

 

世の中のテレビ番組の中の情報には、かなりの部分で弊社のようなPR会社が

絡んでいるネタがある。

 

新商品紹介コーナー

 

とか

 

街で流行っている商品

 

とか

 

芸能人ご用達の特産品

 

とか

 

諸々、PR会社が裏で絡んでいる案件は枚挙にいとまがない。

 

そんな中、最近、複数の携帯コンテンツ運営会社から

PR活動のコンサルティング依頼の相談があった。

 

携帯コンテンツ会社も従来の広告手法では認知率を高めたり、

会員数を増やしたりする中で限界を感じている!

 

と実感する今日この頃。。。。

 

携帯ビジネス+芸能人+EC+テレビ+PRを総合的に絡めたコミュニケーション・ミックスが

近々、弊社で実現しそうなうれしい予感を感じております。

 

世の中のトレンド(消費者のライフスタイルの変化)に対し、絶えずアンテナを張り巡らせ、

イザという時の引き出しを用意しておく必要性も同時に痛感する今日この頃。。。

 

面白くなってきました(*^^)v

投稿者:鈴木 : 2008年9月 3日 03:45 :  トラックバック

KZへの期待を込めて。。。

カテゴリー:仕事

頭の良い人ほど物事を難しく考えすぎる傾向がある。

 

弊社のKZが、「どうすれば、もっと売上数字を伸ばせるのか?」

 

と定例ミーティングの中で質問してきた。

 

いろいろ難しく考えすぎているようだったので以下のようにアドバイスした。


基本的な事ですが、営業活動は以下の繰り返しだ!と私は確信しているよ。

1、出来る限り沢山の会社(活動量を増やす)

   ↓

2、クライアントニーズを的確にヒアリングし、
  そのニーズを満たす提案を即対応する。

   ↓

3、結果、受注に至らなかった場合、その理由を明確に
  ヒアリングし、次の営業活動に生かす。(横展開&関連性)

  
4、1~3をただひたすら繰り返す。

という事に尽きると思いますよ。

 

「クライアント満足度の最大化」を信念として持ちながら。。。

 

KZ、今後の活躍を心から期待しているよ♪

投稿者:鈴木 : 2008年9月 3日 03:33 :  トラックバック

ページトップへ戻る